記憶力を向上させる簡単テクニック&おすすめ食べ物・飲み物&アプリ! ( 2 )

記憶力が向上する食べ物

記憶力が向上する食べ物・飲み物
記憶力を向上させるためには、さまざまなテクニックを使って地道にトレーニングしていくことが効果的です。しかし、普段何気なく摂取している食べ物や飲み物のなかには、記憶力の向上や物忘れの防止などに作用のある栄養が含まれたものもあります。

普段から意識して記憶力の向上に作用する食べ物や飲み物を摂取することで、より効果的に記憶力の向上を図ることができるでしょう。

ドライフルーツ

難易度の高い勉強や仕事に長時間取り組むと脳が酸欠状態を起こして働きが悪くなることがあります。そんなときには脳の栄養である糖質を摂取したくなるものです。

ドライフルーツは、フルーツを乾燥させることで甘さが凝縮され、質の良い糖分が含まれているだけでなく、食物繊維やビタミン類も豊富に摂取することができます。また、歯応えがあることから脳を刺激することもできます。抗酸化作用の高い「フラボノイド」が含まれているベリー類は特におすすめといえるでしょう。

チョコレート

頭を使い過ぎて集中力が続かなくなってきたときについつい手が伸びるのが、チョコレートではないでしょうか。チョコレートには脳の血流を活性化し、脳機能の衰退を遅らせる働きがあるといわれています。

また、カカオにしか含まれていないとされる「テオブロミン」には思考力や記憶力、集中力を高める働きがあるとされ、板チョコであれば1日当たり4分の1から半分程度食べることで、記憶力アップに効果が期待できるとされています。

カレー

意外に感じる方も多いと思いますが、実はカレーは記憶力をアップさせるのに持って来いの料理なのです。カリフォルニア大学の研究によると、カレーの着色成分であるクルクミンという物質が記憶力の向上・集中力の維持に繋がるようです。さらには気分が穏やかになるという報告もなされています。

実証はされていませんが、クルクミンは認知症の原因となる脳の炎症を抑える効果があるのではないかともいわれています。

ナッツ類

オメガ脂肪酸を豊富に含むナッツ類は記憶力や集中力をアップさせるのにはうってつけの食材です。調理の必要もないので、おやつとして手軽につまめるのがいいですね。

反対に、トランス脂肪酸が大量に含まれているスナック菓子やケーキは学習効果を軽減させてしまうので、注意が必要です。

納豆

created by Rinker
まちの駅たぬみせ納豆工房
記憶力や集中力を上げる働きのあるレシチンを豊富に含むのは大豆製品。さらに、納豆のネバネバにはナットウキナーゼという血液の循環を助ける働きをする物質が含まれているために、納豆の摂取は脳の活性化に繋がります。

特に夕飯後や就寝前に食べると効果が出やすいそうなので、夜は積極的に納豆を食べましょう。

ガム

眠気覚ましなどで口にすることの多いガムですが、記憶力向上にも効果があるとされています。

ガムを噛むことで顎を使い、自然と食べ物を『咀嚼(そしゃく)』している状態になるため、脳が活性化されると考えられています。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、興味のある方はご覧ください。

ガムを噛むと記憶力・集中力が上がる?子供のおすすめガム5選!