【新卒の年収】高い・低い業種&学歴別まとめ|リアルな手取りも紹介

いよいよ新卒としての就職を目前に控えた就活生たち。就職先を決めるときに気になる項目の1つには、年収も挙げられるでしょう。新卒1年目では、いったいどれ位の年収がもらえるのでしょうか? 今回は学歴別の新卒年収や年収の高い業種、さらに手元にはいくら残るのかなど、新卒のリアルなお給料事情についてご紹介します。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

【新卒】学歴別の平均年収は?

「新卒」という言葉は、いろいろな学歴の人に当てはまります。学歴によって初任給や年収に差が出ることもあり、一概に「新卒の平均年収はこの金額!」と決めつけることはできません。

実際には、学歴によって新卒の年収にどれ位の差があるのでしょうか? まずは4つの学歴別の平均年収を、厚生労働省のデータをもとにご紹介していきます。

高卒の新卒平均年収

まずは高卒新卒の場合の平均年収です。厚生労働省が発表している「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によれば、平成26年から平成30年の高卒の初任給の平均額は以下のようになっています。

(単位:円)

平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
男女合計 158,800 160,900 161,300 162,100 165,100
161,300 163,400 163,500 164,200 166,600
154,200 156,200 157,200 158,400 162,300

平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省より筆者作成)

上記データの平成30年の男女合計平均金額である16万5,100円に12を掛けた額を年収と仮定すると、年収は約200万円になります。さらにボーナスが2ヶ月分支給されるとすれば、高卒新卒の年収はおよそ230万円ということになります。

高専・短大卒の新卒平均年収

続いて、高専や短大を出た新卒の平均年収です。高卒同様に厚生労働省のデータを見ると、平成26年から平成30年までの平均初任給額は以下のようになっています。

平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
男女合計 174,100 175,600 176,900 179,200 181,400
176,100 177,300 179,700 180,600 182,900
172,800 174,600 175,200 178,400 180,400

平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省より筆者作成)

平成30年の男女合計平均額に12を掛けると、約220万円になります。ボーナスが2ヶ月分支給されるとすれば、高専や短大卒新卒の平均年収はおよそ250万円ということになります。

大卒の新卒平均年収

今度は大卒新卒の平均年収についてです。同様に厚生労働省発表のデータを見ると、平成26年から平成30年の平均初任給額は以下のようになっています。

平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
男女合計 200,400 202,000 203,400 206,100 206,700
202,900 204,500 205,900 207,800 210,100
197,200 198,800 200,000 204,100 202,600

平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省より筆者作成)

こちらも同様に平成30年の男女合計平均額に12を掛けて年収を計算してみると、約250万円になります。ここに2ヶ月分のボーナスが加わると、約290万円が平均的な年収ということになります。

大学院卒の新卒平均年収

最後は大学院卒の新卒平均年収についてです。平成26年から30年の男女の平均初任給の推移は、以下のようになっています。

平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
男女合計 228,300 228,500 231,400 233,400 238,700
227,700 228,500 231,700 233,600 239,900
230,700 228,500 229,700 232,400 234,200

平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省より筆者作成)

平成30年の男女合計平均初任給23万8,700円に12を掛けると、約290万円になります。ボーナスが2ヶ月分支給されれば、年収は330万円前後になるでしょう。

もちろん、企業の規模や職種、地域などによって初任給や年収には差が生じます。しかし厚生労働省発表のデータをもとに計算すると、高卒と大学院卒とでは新卒1年目の年収におよそ100万円の開きが出る可能性がある、ということになります。

しかし高卒と大学院卒では、そもそも新卒1年目の年齢が異なっています。同じ「新卒」というくくりにはなるものの、給与額に差が出るのは自然なことであるとも言えるでしょう。