子供にスマホを持たせる利点・注意点は?子供向けスマホを選ぶポイント

子供にスマホを持たせる利点・注意点は?子供向けスマホを選ぶポイント

少し前までは、スマホはある程度自分で管理ができる中学生や高校生で持たせるのが主流でした。しかし、現代では小学校から下校した後に1人で塾や習い事に行くことも多くなり、子供を取り巻くさまざまな犯罪も頻発しています。そのことから、防犯を主な目的として小学校に入学するタイミングで持たせることも珍しくありません。

さまざまな情報を検索したり、ゲームや友人とのコミュニケーションを楽しんだりすることができるスマホは、非常に便利なツールです。その一方で、保護者の目が届かないところで見知らぬ人や危険なサイトにつながってしまう心配もあります。そこで、子供にスマホを持たせる必要性や問題点、子供用スマホを選ぶポイントについて解説します。

子供にスマホを与える必要性

子供にスマホを与える必要性
スマホで提供されているアプリのなかには学習アプリもたくさんあるので、暇な時間を使って効率的に勉強することもできます。また、新しい情報を入手したり、ゲームや音楽を楽しんだりして息抜きすることもできるでしょう。さらに、友人とすぐにつながることができるコミュニケーションツールとしても活用できます。

親の立場から考えると、離れていてもいつでも連絡が取れる、居場所確認ができるなど、スマホを持たせることで安心を得ることができます。ここでは、小学生にスマホを与える必要性やメリットについて詳しく説明します。

子供と連絡が簡単に取れる

小学生にスマホを持たせたい保護者のほとんどが、防犯目的、災害時などの緊急連絡用ツール、アイテムとして考えています。スマホの市場調査や消費者動向調査でも、子供にスマホを持たせる最大のメリットは「緊急時に連絡が取れること」であるという結果が出ています。下校時の「今から帰るコール」など日常的な連絡が取れるだけでなく、何かあった際にすぐに連絡できることが、親子にとって大きな安心感につながるのでしょう。

近年、地震や津波、台風、ゲリラ豪雨など、天災に対する警戒が一段と強められています。いつ、どこでどのような事態になるか分からないため、離れていてもいつでも連絡が取れるということは家族にとってとても重要なことです。災害発生時に電話が一時的につながりにくくなってしまっても、SNSで安否確認ができることも子供にスマホを与える大きなメリットといえるでしょう。

子供の居場所が把握できる

防犯目的で子供にスマホを持たせる保護者にとって、いつでも連絡が取れることと同様に何かあったときに子供の居場所が特定できるのということも大きなメリットといえます。スマホにはGPS機能がついているのが一般的で、あらかじめ設定しておけば衛星通信を活用してスマホの位置を探索、特定することが可能です。電話ができない状況であっても電源が入っていれば場所を特定することができるため、万が一犯罪に巻き込まれてしまっても捜索の有力な手掛かりとなります。

現在、日本の半分以上の家庭が共働きであり、学校から帰ってきた子供が1人で過ごしたり、友人と遊ぶために1人で外出したりすることも珍しくありません。GPSがあれば、どこにいても子供が在宅していることや習い事に行っていることを確認することができるため、離れていても安心できます。

子供同士のコミュニケーションが取れる

最近では学校からの公式な連絡もメールなどで配信されたり、ママ友会の連絡がLINEで回ってきたりと紙ベースの連絡網の活用は薄れつつあります。これは子供同士のコミュニケーションにおいても同様で、手紙を書いて用件を伝えることはほとんどなく、スマホや携帯を使って連絡することが当たり前のようになっています。

スマホを持つことで友達とのつながりができるという子供の意見も多く、普段教室では話すことがあまりない相手ともコミュニケーションを図ることができます。また、一度に複数の友達に連絡することもできるので、友達同士ですぐに集まって遊ぶこともできるでしょう。

子供がスマホを持つことによる問題点

子供がスマホを持つことによる問題点
子供といつでも連絡が取れる、万が一の際に居所を確認することができる、など親にとってもメリットの大きいスマホは、子供にとっても魅力のあるツールとなります。使い始めの頃は、操作に慣れずに悪戦苦闘することもあるでしょうが、子供の方が頭が柔軟なので大人が驚くほど速いスピードで上達することができるでしょう。

スマホにはさまざまなアプリやコンテンツがあり、豊富な選択肢のなかからいくつも自分の好みのものを選んで楽しむことができます。しっかりとした判断力がまだ身についていない子供にとっては誘惑が多いアイテムでもあり、さまざまな問題や犯罪に巻き込まれる可能性があります。子供がスマホを持つことによる問題点について考えてみましょう。

スマホ依存になる

中高生のなかには、スマホを片時も手放せない一種の中毒症状に似た状況に陥ってしまう子供も多くいます。友達とのLINEをすぐに返信しないだけで、関係が悪くなってしまうため、食事中であってもスマホをいじってしまうということもあるようです。それ以外にも、選択できるコンテンツやアプリがあまりにも多く、時間を忘れて没頭してしまうため、スマホを手放せないというケースもみられます。

常にスマホをいじっていないと気が済まないという状態は完全なスマホ依存なので、そうなる前に親子で約束してスマホを触ってもいい時間を決めておく必要があります。場合によっては、夜〇時以降はスマホを預かるという措置を講じることも大切でしょう。

注意力が低下する

スマホは小さなパソコンといえるほどさまざまな機能を使用することができます。過度にスマホに頼ってしまうことによって、記憶力や注意力が低下するともいわれており、やり過ぎは禁物です。また、スマホの画面に集中するあまり周囲の状況が見えなくなって注意散漫な状態になることも少なくありません。

ながらスマホが大人社会でも問題視されていますが、子供の場合、1つのことに夢中になるとほかのものが何も目に入らなくなる傾向が強いです。そのため、歩きスマホで障害物にぶつかったり、自転車やバイクと衝突事故を起こしてしまったりする可能性も高くなります。また、スマホの画面を見る首の角度が維持されることによって、頭痛やめまいなどの症状が出ることもあるので注意が必要です。

ブルーライトによる視力への影響

パソコンやスマホの使い過ぎによる視力の低下は、大人社会でも深刻な問題となっています。パソコンやスマホ、ゲーム機の液晶モニターなどから発せられる光にはブルーライトが含まれており、目や体に大きな影響を与えるといわれています。

ブルーライトは、波長が短い光であるためチリやホコリなどによって散乱しやすく、それが画面のブレやちらつきとなって表れます。目はピントを合わせるために水晶体の厚さを調整しようと毛様体筋を酷使し、目が疲れる原因になります。また、ブルーライトは高いエネルギーをもっていることから、網膜や黄斑部などに与えるダメージも大きくなり網膜や黄斑の疾患を引き起こすリスクも高くなります。

SNSなどで親が把握できないつながりができる

スマホでは、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、電子メール、LINE、ブログなど外部との通信、接触を簡単に行うことができます。保護者の気づかないようなところで、手軽に顔も名前も知らない相手につながることができるのがSNSの特徴でもあります。

中学生がSNSをきっかけとしてさまざまな犯罪に巻き込まれているニュースは頻繁に流れています。善悪の判断がまだ不十分な子供にスマホを持たせる危険性について保護者がしっかりと理解しておく必要があります。小学校や中学校では段階的に情報モラルやリテラシー、ネットでつながることの危険性などについての授業を行っています。しかし、授業に頼るだけでなく、保護者としてスマホを持たせた際に約束事やスマホを使うルールについて話し合っておくことや定期的にチェックすることが必要です。

ゲームやアプリの課金を勝手にされる

スマホがあれば、音楽や映像、書籍やゲームなどさまざまなコンテンツを楽しむことができ、それを利用するためのアプリのほとんどは無料でダウンロードすることができます。大人も夢中になってしまう面白いゲームもたくさんあり、ゲーム好きな子供であればどっぷりとゲームにはまってしまうことも考えられます。

ゲームのなかには最初は無料でプレイすることができても、アイテムを手に入れたり、次のステージに進んだりするために課金を要求されるものも珍しくありません。保護者が知らない間に課金が積み重なって多額の請求が来たという例も数多くあります。「アプリ・コンテンツの課金制限」を活用して子供が勝手に課金できないようにすることが大切です。

子供用スマホを選ぶポイント

子供用スマホを選ぶポイント
入学や進学を機に子供にスマホを持たせたいと考えることもあるでしょう。災害時や緊急時の連絡、万が一の際に子供を守ってくれるツールとしても持たせた方が安心であると考える保護者も少なくありません。しかし、スマホを要因としてさまざまな問題が起こっている現状を考えると心配な点があることも否定できないでしょう。

子供に安心してスマホを持たせるためには、保護者が責任を持ってさまざまな設定をして有害サイトやスマホ依存などから守ってあげることが大切です。そこで、子供にスマホを与える際にポイントについて説明します。

フィルタリングを二重にかける

情報リテラシーが低い子供がネットサーフィンを続けていると、有害サイトに行きつくことがあり、それがきっかけとなって犯罪に巻き込まれることもあります。携帯電話会社には18歳未満の子供がインターネットを利用する際にフィルタリング機能を付加することが義務づけられています。そのほとんどが無料で有害サイトをブロックすることができますが、一部のキャリアではWi-Fi環境のもとではフィルタリング機能が無効となることもあります。

各携帯電話会社のフィルタリング機能だけでなく、ペアレンタルコントロールやフィルタリングアプリなどによって、スマホに二重のフィルタリングを設定することも可能です。また、それぞれのSNSアプリで制限をかけることもできます。保護者が設定することで、子供が知らずに有害サイトを閲覧したり、課金アプリをインストールしたりすることを制限できるので安心です。

アプリのインストールが制限できる

スマホは容量が許す限り、無料、課金を問わずさまざまなアプリを自由にインストールできるため、気がついたらホーム画面がアプリで一杯になっていたということもあります。特に子供の場合は次から次に新しいゲームを入れたり、場合によっては子供にはふさわしくないアプリとは知らずにインストールしてしまったりすることもあるでしょう。

子供にスマホを持たせる際には、保護者の責任においてさまざまな設定をした上で渡すのが基本となります。ペアレンタルコントロールやフィルタリングアプリを活用することで、保護者によるアプリのインストール制限をかけることができます。課金にも保護者の承諾が必要となる設定をすることも可能なので、活用することをおすすめします。

ウイルスソフトを入れる

パソコンに不正アクセスして情報を抜き出す被害は大企業でも頻発しており、大きな社会問題となっています。セキュリティを強化していても次々に新種のウイルスが開発される、まさにいたちごっこのような状態です。しかし、これらはパソコンに限った問題ではなくスマホでも起き得ることです。

ウイルスは感染が分からないように仕掛けてくるのが常とう手段です。無料アプリと見せかけてダウンロードした途端に電話帳のデータが盗まれたり、知らない間にスマホが遠隔操作されたりすることもあります。大人でもウイルスに感染したことを特定することは難しいため、子供が使用するスマホには特に注意が必要となります。あらかじめウイルスソフトを備えておけば定期的にスキャンして異常を感知することができます。

使用時間がコントロールできる

子供だけでなく大人でもゲームや映像、音楽などに夢中になると時間がたつのも忘れてスマホに熱中してしまいます。判断力がまだ弱い子供であれば、勉強時間や睡眠時間を十分に確保することができなくなって、体調を崩したり、不登校になったりすることも考えられます。スマホを与える際に使用時間について親子で話し合っておくことが大切ですが、それでもズルズルと引き込まれてしまいスマホ依存になってしまうこともあるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、タイムロックなどアプリを使ってスマホを使用する時間をコントロールする方法です。子供をスマホ依存から守るためのアプリは無料で数多く提供されているため、簡単に手に入れることができます。時間になると強制終了となるので子供が駄々をこねることもないでしょう。

まとめ:大人がしっかりスマホを管理しよう

スマホはコンパクトなコンピューターであり、子供が疑問となることを調べるのにもとても便利なアイテムです。また、離れていてもいつでも連絡が取れる、居場所が特定できるなど、緊急時の連絡ツールとして持たせる利点は大きいでしょう。

子供にとってはゲームや音楽などを楽しむとともにSNSを通じて友人とのコミュニケーションの輪を広げることができる魅力が満載です。しかし、その一方で有害サイトや見知らぬ人とのつながり、スマホ依存などの問題点も多いのも事実です。子供を守るためには、与える前にフィルタリング設定をする、使用時間制限を設けるなど親が積極的に管理する必要があります。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部