TOIEC®500点は初級!試験対策と勉強方法・参考書をご紹介

TOIEC®で500点と取ると、どの程度の英語力があると認められるのでしょうか。当記事では、TOIEC®500点の社会的評価や就職への影響について、TOEIC試験を運営するIIBCの資料を基に説明します。また、TOIEC®500点を取るために必要な勉強時間・方法や勉強の優先順位、そしておすすめの参考書もご紹介します。

TOIEC®テストのスコアと英語レベル

TOEIC®スコアと英語レベルを比較して見てみましょう。そして、TOIEC®500点が受験者の中でどのくらいの順位なのかもご紹介します。

TOIEC®が評価するスコア500点の英語レベル

TOEIC®テストとして一般的に知られているのは、TOEIC® Listening & Reading Testつまりリスニング・リーディングを測るテストです。TOEIC試験を運営するIIBC(一般財団法人国際コミュニケーションズ協会)はProficiency Scale(TOEIC®スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表)を作成し、英語レベルを判断できるようにしています。Proficiency Scaleの評価を簡単にまとめました。

【TOEIC®テストスコアのレベルと評価】

TOEIC®スコア(点) レベル 評価
860~990 A
  • 経験内で専門外の分野に関しても、十分な理解をふさわしい表現ができる。
  • 語彙・文法・構文を正確に把握している。
  • 英語を母国語としている人々のレベルではないが、流暢にコミュニケーションできる。
730~855 B
  • 通常の英会話が完全に理解できる。
  • 語彙・文法・構文上の誤りがあるが、意思疎通や業務の妨げになるレベルではない。
  • 応答が早い。
470~725 C
  • 通常会話は要点を理解できる。
  • 基本的な語彙・文法・構文は身についている。
  • 表現力は不足している。
  • 応答に支障はない。
220~465 D
  • ゆっくり、繰り返し、言い換えをしてもらえれば、簡単な会話は理解できる。
  • 語彙・文法・構文が不足している。
  • 身近な話題ならば応答できる。
10~215 E
  • 簡単な英会話も理解できない。
  • 単語を並べるだけで、実質的なコミュニケーションができるまでに至っていない。

参考

「上場企業における英語活用実態調査」報告書|TOEIC、P12

上記表から、TOEIC®テストが示す500点の英語レベルはCの下位で、簡単な英会話ならば要点のみ理解できるというレベルです。英文法も基礎を身につけた程度なので、身近な話題でなければ応答はできず、日常やビジネス上で通用する英語力があるとはいえません。

ここで注意していただきたいのは、ご紹介するTOEIC®テストは社会的に広く知られているものですが、実は「聞く・読む」の2技能を評価する試験であるということです。そのため、英語4技能全てを習得するためには、「話す・書く」の2技能を評価する別のTOEIC®テストを受験するといいでしょう。

IIBCが提供する英語力判定テストの詳細は下記参考をご覧ください。

参考

TOEIC|IIBC(一般財団法人国際コミュニケーションズ協会)

TOIEC®テストで500点を取る人の割合

第243回(2019年9月実施)のTOIEC®テスト平均スコアは583.1点です。TOIEC®テストで495点以上のスコアを取る人は上位67.6%で、総受験者数11万8,074人中7万9,783番以内に位置しています。

参考

平均スコア・スコア分布 詳細 (第243回)|TOEIC