TOIEC®600点は標準!試験対策と勉強方法・参考書をご紹介

TOIEC®で600点を取ると、どの程度の英語レベルであると評価されるのでしょうか。当記事では、TOIEC®600点の社会的評価や就職への影響について、TOEIC試験を運営するIIBCの資料を基に説明します。また、TOIEC®600点を取るために必要な勉強時間・方法や勉強の優先順位、そしておすすめの参考書もご紹介します。

TOIEC®テストのスコアと英語レベル

TOEIC®スコアごとの英語能力レベルをを見てみましょう。そして、TOIEC®600点が受験者の中で上からどのくらいの順位なのかもご紹介します。

TOIEC®が評価するスコア600点の英語レベル

一般的に知られているTOEIC®テストは、リスニング・リーディングテストです。TOEIC試験を運営するIIBC(一般財団法人国際コミュニケーションズ協会)はProficiency Scale(TOEIC®スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表)を公表しており、TOEIC®スコアによって英語力レベルがどの程度かを知ることができます。Proficiency Scaleを簡単にまとめたのが次の表です。

【TOEIC®テストスコアのレベルと評価】

TOEIC®スコア(点) レベル 評価
860~990 A
  • 経験内で専門外の分野に関しても、十分な理解をふさわしい表現ができる。
  • 語彙・文法・構文を正確に把握している。
  • 英語を母国語としている人々のレベルではないが、流暢にコミュニケーションできる。
730~855 B
  • 通常の英会話が完全に理解できる。
  • 語彙・文法・構文上の誤りがあるが、意思疎通や業務の妨げになるレベルではない。
  • 応答が早い。
470~725 C
  • 通常会話は要点を理解できる。
  • 基本的な語彙・文法・構文は身についている。
  • 表現力は不足している。
  • 応答に支障はない。
220~465 D
  • ゆっくり、繰り返し、言い換えをしてもらえれば、簡単な会話は理解できる。
  • 語彙・文法・構文が不足している。
  • 身近な話題ならば応答できる。
10~215 E
  • 簡単な英会話も理解できない。
  • 単語を並べるだけで、実質的なコミュニケーションができるまでに至っていない。

参考

「上場企業における英語活用実態調査」報告書|TOEIC、P12

上記表から、TOEIC®テストが示す600点の英語レベルはCの中位で、英文法の基礎が身についており、英語でコミュニケーションするときは要点を聞き取れるレベルです。しかし、英語の表現力が乏しいため、内容の細かいニュアンスを聞き取ることも伝えることもできません。

そもそも、一般的なTOEIC®テストは「聞く・読む」の2技能に特化した試験ですので、英語力として必要な「話す・書く」の2技能を向上したい場合は、さらに別のTOEIC®テストを受験しなければならないことに留意しましょう。

IIBCが提供する英語力判定テストの詳細は下記参考をご覧ください。

参考

TOEIC|IIBC(一般財団法人国際コミュニケーションズ協会)

TOIEC®テストで600点を取る人の割合

第243回(2019年9月実施分)のTOIEC®テスト平均スコアは583.1点です。TOIEC®テストで595点以上のスコアを取る人は上位47.0%で、総受験者数11万8,074人中5万5,440番以内に位置しています。

参考

平均スコア・スコア分布 詳細 (第243回)|TOEIC