不登校で無気力型になる原因とは?やる気を取り戻す3つの方法

【不登校】無気力で不登校になってしまった時の3つの対処法

「だるい」「つまらない」「学校に行きたくない」などが子供の口癖になっていたら、すでに無気力に突入している可能性があります。学校を休むことにも罪悪感があまりないため、放っておくと不登校が長期化してしまう可能性もあります。

いったいどうして子供は無気力になってしまうのでしょうか? 本記事では無気力の原因と不登校になってしまった場合の対処法をご紹介します。

無気力になってしまった原因を考える

特にいじめにあっている訳でもなく、勉強ができない訳でもありません。どうして子供は無気力に陥ってしまうのでしょうか? とりわけ中学生、高校生に多い無気力による不登校の原因を探っていきます。

刺激が足りない

無気力の子供の口癖として「何か面白いことないかな」があります。多くの生徒が部活動や勉強など学校の内外で何かに没頭しているなかで、打ち込めるものがなく、有り余るエネルギーを持て余すことで無気力になってしまいます。

燃え尽き症候群(バーンアウト)

受験や部活動の大会など、注力していたことが終わってしまったとき、その結果思ったような成果が得られなかったときに人は無気力になりやすいです。燃え尽き症候群という分かりやすい名前で広く認知されていて、珍しいことではありません。

親の過干渉で無気力になる

子供の無気力に大きな影響を与えているのは、実は親だったというパターンは少なくありません。教育ママや子供の習い事に熱心な親の場合、子供の意向を無視して熱くなりすぎてしまうことがあります。

理想ばかり見て子供の状態にはあまり興味がないため、子供はやる気を喪失していってしまいます。根底には、条件付きでしか自分を見ていない親への不信があります。

過干渉な親の特徴については、こちらの記事で詳しく解説しています。

過干渉な親の特徴とは?子供への影響や解決法についても解説