私立高校の学費は公立の2倍!?私立高校でも受けられる学費減免制度

子供が私立高校を受験したいと言ったら、保護者としては学費負担が気になります。私立高校の学費は公立の2倍以上です。とはいえ、子供の意思を尊重し、最適な学習環境を整えてあげることが子供の将来につながります。子供が「我が家にはちょっと厳しい」と思える選択をしても、親としては何とか実現させてやりたいものです。2020年4月より私立高校の実質無償化制度が始まり、私立高校に通う経済的負担が減ります。子供の学びたい気持ちをしっかりと守り育ててあげましょう。

私立高校と公立高校の学費はどれだけ違う?

高校は義務教育ではないので、受験をして合格しなければなりません。高校受験は、地元の公立小学校・中学校に通っていた生徒にとっては初めて、自分の進路問題に向き合う機会になります。公立が良いか私立が良いかは、子供の夢や適性によって異なりますが、現実問題として費用負担の違いがあります。まず、公立高校と私立高校の学習費がどれだけ違うかを見てみましょう。

私立高校の学費は公立高校の2倍超

文部科学省が1994年から2016年まで『子供の学習費調査』を実施し、保護者が子供の学校教育と学校外活動にかけている学習費を調査していました。2016年の結果によると、公立高校に通う子供のために保護者が負担した学習費は年間平均で約45万円だったのに対し、私立高校に通う子供の学習費は約100万円で、公立高校の2倍超でした。学校教育費だけでなく、塾や習い事などの学校外活動費も、私立高校に通う子供の方が平均で10万円以上多くかかっていました。

結果の概要-平成28年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要|文部科学省、表1より筆者作成)

学校教育費の違い

学校教育に関する費用を詳しく見てみましょう。全日制の公立高校の学校教育費負担は年間平均約27万円であるのに対し、私立高校は約75万円でした。費目別に見ると、私立高校が公立高校に比べ顕著に高いのは、授業料と学校納付金(入学金など)で、私立高校の学校教育費全体の約66%を占めています。その一方、公立高校の最大支出項目は通学関係費で、公立高校の学校教育費全体の約30%に上ります。しかし、それでも私立高校の通学費用よりは安く抑えられています。

(参照元:結果の概要-平成28年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要|文部科学省、図4-4)

なお、年間平均額が毎年かかるわけではありません。初年度は入学金や制服・物品購入などの支出が多いため支出額は最大になりますが、受験を控え学校行事の少なくなる3年生は出費が少なくなります。例えば、私立高校の初年度の学校教育費は100万円以上かかっています。

結果の概要-平成28年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要|文部科学省、表1・表5より筆者作成)

子供の学習費調査とは別に、文部科学省は私立の幼稚園・小中学校・高校など教育機関に対しても、生徒が負担する初年度の学費を調査しています。それによると、私立高校の初年度学費負担の平均額は、入学金163,272円、授業料399,152円、施設設備費168,562円で、合計730,986円でした。

参考

平成30年度私立高等学校等初年度授業料等の調査結果について |文部科学省