【小学校低学年の不登校】どうして不登校が起こるのか? ( 3 )

特別措置の相談をする

不登校の原因は多くの場合、学級内にあります。教室に入ることが難しくなってしまった場合、親が学校まで送ったり、少しの期間保健室登校にするなど特別措置を受けられないか相談してみましょう。子供がとにかく登校に対して拒絶反応を示す場合は欠席も検討しましょう。

まとめ:些細な変化に気づけるように

小学校低学年の児童は感情をうまく表現できる子ばかりではありません。また、原因がいじめや仲間はずれという場合にはなかなか親にも言うことは難しいでしょう。常日頃から子供とコミュニケーションを図り、些細な変化にも気づけるようにしましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。