【小学校低学年の不登校】どうして不登校が起こるのか? ( 2 )

不登校を防ぐ3つの対策

小学校低学年の子供は特に繊細な時期ですが、子供の不登校を防ぐために親ができることはあるのでしょうか? いつも一緒にいられる訳ではありませんが、できることはあります。子供が苦しまずに通学できるようにするためにできることをご紹介します。

日頃から子供とコミュニケーションをとる

まずは日頃から子供とコミュニケーションをとり、表情から状態を確認できるような関係を築きましょう。子供は学校で辛い状況にあったり、困難があることを自分の口から話してくれるとは限りません。何となく動揺していたり、体調が優れない日が続く場合には注意が必要です。

先生や周囲の親と連携をとる

担任の先生や周囲の保護者とは気兼ねなく相談できる関係にあることが望ましいです。子供から聞く話だけでは見えてこなかったことも、別の角度から真相が分かることもあります。何より、周囲にも子供のことを気にかけてくれる存在がいると親にとっても心強いでしょう。