子供の英才教育に役立つ? 話題の七田式教育とは?

子供の情操教育に役立つ? 話題の七田式教育とは

子供の教育に七田式教育が選ばれる理由とは

人間の脳はが一生で使うのは持っている能力の約3%程度といわれ、残りの97%の能力は、右脳にあるといわれています。子供の教育として七田式教育が注目されているのは幼児を中心としたすべての年代の子供が、右脳の能力を最大限に引き出す教育をしているからです。今回は、そんな右脳教育にも力をいれている「七田式教育」についてご紹介します。

七田式教育は「ほめる」教育

七田式教育は、設立者である七田眞(しちだまこと)さんが幼児教育の研究を進める中で、特に右脳教育に注力を注いできた教育法です。「心を育て、人への優しい愛情を育て、夢・志を育てる」ことを信念として掲げ、右脳と左脳がバランスよく働くように、幼児期から子供を対象に七田式教育を行っていきます。

そんな七田式教育の大きな特徴が「ほめる」教育です。他人と比べることをせず、完璧を求めずにありのままの自分を受け入れることが大事だと七田式教育は提唱します。

脳科学に基づいた教育法

脳には右脳と左脳があり、右脳は感性やイメージ、左脳は言語や論理を司っているといわれています。右脳は生まれてすぐは活発に働いていますが、成長するに従い、左脳が優先されるようになっていきます。

七田式教育では、右脳が活発な幼児期に脳科学に基づいたトレーニングを行い、右脳の発達に取り組みます。右脳が活性化されるようになると、右脳左脳の両方をバランスよく使えるようになることも、七田式教育の大きな強みです。

右脳へのアプローチ

右脳へのアプローチをすることで、語彙力や理解力が育まれ、見たものを一瞬で記憶するほどの記憶力が期待できます。幼児期から右脳記憶のトレーニングをすることで、短期間でたくさんのことを記憶し、一度見たことを瞬時に覚えて視覚化することが可能になります。

0歳から始めることができる

七田式教育はいつから始めることができるの?と思う方もいるかと思いますが、なんと0歳から教育を受けることができます。あくまで七田式教育では親と子のコミュニケーションを優先していますので、年齢に合った教材を使用しながら、右脳のトレーニングを行っていきます。0歳のうちはカードを使ったり読み聞かせをすることから始まり、子供の成長に合わせて数字や色などを組み合わせた教材へと変化していきます。