中学受験をするなら付属校がおすすめ。人気の理由とメリットを探る ( 2 )

充実した学生生活が送れる

内部進学を1つの目標に設定した場合、部活や成績が要になってきます。その分集中して取り組める環境が整っていますし、充実した学生生活が送れます。

公立の中学なら、入学して次の高校受験のことを考えなければいけませんが、付属校なら6年間という長いスパンで考えられるので心の余裕も生まれるのです。

付属校というステイタス

付属の中学といえば、有名大学や私立などどこも人気が高く、合格するためには相当な努力が必要です。がんばった結果、付属校に合格した際には、付属校に入れたとい自信がつきます。

また、難関を突破した優秀な生徒という印象も持たれますし、付属校に通うステイタスは合格した人にしか味わえない魅力なのではないでしょうか。

合格までの道は険しい付属校ですが、入学できれば、勉強と部活が両立できる環境が整っていますし、充実した学生生活を送れます。そして、内部進学できるというオプション付き。チャレンジする価値は大いにあります。

しかし、ここで注意しなければいけないのが、メリットばかりではないということ。

では、どんな点に注意したらいいのか見ていきましょう。