記憶力アップって本当? フラッシュカードの効果的な使い方とは ( 3 )

おすすめのフラッシュカードについて

それでは人気のフラッシュカードの種類やおすすめについてご紹介します。

七田式フラッシュカード

右脳教育に力をいれた教育法を提唱する七田式教育。その中で使用されているのが七田式フラッシュカードです。0歳から6歳を対象に、数字や英語など、学力の基礎に特化したフラッシュカードもあります。年齢に合わせてカードの種類を選べ、さらに右脳を活性化するためのこだわりが詰まったカードです。

星みつる式フラッシュカード

映像教育の第1人者・星みつる先生が開発したフラッシュカードは、DVDを鑑賞しながら映像記憶のトレーニングを行います。「絶対音感・リズム聴音」「ドレミの楽典」「名曲ソルフェージュ」など”音楽フラッシュカードDVD”として開発され、ピアノや歌、楽器の音色やリズムを視覚的に捉えるようにプログラムされています。

絵カードと一緒に楽器やピアノなどの「音」も一緒に記憶することができるのが、星みつる式フラッシュカードDVDの大きな特徴です。

手作りなら絵と単語を描くだけでOK

フラッシュカードは自分でも作ることができます。折り紙や画用紙を使って絵と文字を組み合わせて書き、クリアファイルなどにいれて早いスピードで子供に見せていけば、フラッシュカード教育が可能です。また、無料でダウンロードできつフラッシュカードもたくさんありますので、コストを抑えたい方や自分で楽しみながら教育したいという方は手作りのフラッシュカードもおすすめです。子供の好きなジャンルで喜ばせてあげましょう。

フラッシュカードは右脳を活性化して記憶力アップにつながる!

フラッシュカードは単語帳のようなものです。子供が小さいうちから遊び感覚でフラッシュカードを使用するだけで、子供の知識や記憶力を広げる効果が期待できます。子供に合ったフラッシュカードで、無理のない早期教育を始めてみましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。