子供保険はどう加入すれば良い?選択のポイントとおすすめランキング

子供が産まれたり、徐々に成長してきたりすると考えることが多いのが保険の加入です。ただし、大人の保険と異なりどのような目的でどの会社の保険に加入すれば良いかというのは、なかなかすべてを理解するのは難しいものです。特に保険は専門用語が多く、重要事項説明などは膨大な量になるので、ちょっと敬遠してしまうという人も少なくないはずです。

そこでこの記事では子供の保険に関する情報をまとめました。子供の保険の種類やおすすめの保険ランキングも併せてご紹介しますので、ぜひ加入検討の際の参考にしてください。

子供保険って何?2種類の保険を解説

保険業界で子供保険というと、主に2種類の保険が考えられます。

リスクに備える保険

万が一けがをしたり、病気で入院・通院をしたり、後遺障害が残るような事故に遭ったりしたときなどのために備える保険です。

医療保険

医療機関へ入院したり、通院した際に支払われる保険です。病気・けがなどに加え、特約でガンなどに対する保障を付けられるタイプのものもあります。

死亡保険

死亡した際に保険金が支払われるタイプの保険です。1年・10年などの定期タイプと一生涯保障される終身タイプがあり、保険金額(万が一の際に支払われる金額)も選択することができます。

傷害保険

けがをしたとき、入院や通院に対して保障するタイプの保険です。相手にけがをさせてしまったときなどに使える個人賠償責任保険を特約として付けることができるタイプが多いのが特徴です。

将来の準備のための保険

満期を設定し、積み立てることで進学の資金などを準備できる保険です。

学資保険

学資保険とは子供の学資金=教育資金を積み立てる貯蓄型の保険です。学資保険の特徴は契約者=保護者に万が一のことがあったときに保険料の払い込みが免除となり、保障がそのまま継続されて満期金が受け取れること。一括払いや毎月払いなど支払い方法も選択できます。

養老保険

養老保険とは一定期間の死亡保障と貯蓄を併せ持った性質の保険です。本来は資産運用などに利用されますが、子供の学資金準備として活用することも可能です。掛け捨て型の保険ではないので、保険料が高めなのが特徴です