中学生になると不良が増加? 原因や子供との接し方のポイントを紹介 ( 3 )

子供の気持ちを理解する

中学生の子供と接する際に最も重要なのは、子供の気持ちを理解することです。非行に走ってしまう子供の多くは、親から愛情を感じられなかったり、不安や孤独な感情に陥り、精神的に不安定な状態にあるケースが多いといいます。叱るのではなく褒めることを心掛けるなど、子供の気持ちに寄り添って接するようにしましょう。

中学生の子供と上手に付き合っていこう

「中学生で子供が不良になってしまった」と感じた場合は、家族間のコミュニケーションに問題がなかったか見直してみたり、中学校での様子を聞いてみるなど、親子の話し合いの場を設けることが大切です。子供の気持ちを理解し、思春期の中学生の子供と上手に付き合っていきましょう。

参考

乱れの多い中学校、「ほめほめタイム」で改善 日本一に|朝日新聞デジタル

中学生で不良になった悩みの解決策!少年・少女など|中学生で子どもが不良になってしまったら?

中学生で不登校はなぜ増える? 心理学者に聞く不登校の原因と親の対応方法とは -|不登校の原因・対策解説ノート

非行に走る息子とのコミュニケーションの取り方 │ パピマミ

心理学の専門家に聞く!思春期の子どもがいる家庭のコミュニケーション | メイコミュ

ページタイトル|サイト名

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。