プログラミングとは何?2020年に向けて知りたい基礎知識と学び方

2020年から小学校で必修化されるプログラミング。「なんとなく分かるけど詳しくは知らない」「小さいころから習い事をさせておいた方がいい?」と悩む方もいるでしょう。

そもそもプログラミングとは、どんなものなのでしょうか。プログラミングでできることやプログラミングを学ぶことで得られる能力、就くことができる職業、子供ができる習い事まで、プログラミングについて詳しくご紹介します。

そもそもプログラミングとは?

まず、そもそもプログラミングとは何か、知っておきましょう。

コンピュータのプログラムを作ること

プログラミングとは、「コンピューターのプログラムを作ること」。人間が意図した通りに、コンピューターが働くよう、プログラムを作成することをいいます。

「プログラム」とは、コンピューターに出す指示のことをいいます。コンピューターは、基本的に指示された通りにしか動けません。コンピューターが適切に動くよう、「まずはをAして、次にB、その次はCで…」と指示することをプログラミングといいます。

身近なもので見てみると、自動ドア、ATM、レジ、掃除機や洗濯機といった家電、パソコンやスマートフォンもプログラムで動いています。

プログラミング言語が必要

コンピューターに指示を出すとしても、コンピューターに言葉は分かりません。代わりに必要なのが「プログラミング言語」。プログラミング言語を使用することで、コンピューターに適切な指示を出せるようになります。

たとえば「JAVA」「Ruby」「C言語」「PHP」「Python」などの言葉を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。人間にも日本語や英語、ドイツ語やフランス語などの数多くの言語がありますが、プログラミング言語も200種類以上あります。

それぞれの言語には特徴があるので、目的に合った言語を選択していきます。一つの言語をしっかり覚えれば、他の言語もある程度は分かるようになります。プログラミング言語は日々進化しているので注意が必要です。

プログラミングで何ができる?

では、プログラミングを学べば具体的にどんなことができるのでしょうか。

アプリを作る

スマートフォンでアプリを日常的に使用している人も多いですよね。たとえばスマホで利用できるLINEやFacebook、パソコンで利用できるSkypeなど。プログラミングを学ぶことで、自分でアプリを作成することもできるようになります。

ゲームを作る

スマートフォンゲームにハマっているという方も少なくないのでは。今や大人気なゲームですが、スマートフォンゲームや家庭用ゲームもプログラミングで作成できます。ゲーム好きな子が、自分でゲームを作ることもできるのです。

自分で活用

プログラミングの知識を知っておけば、自分で活用することができます。

たとえばデータの集計やチェックといった単純作業。コツコツ自分でやろうとすると何時間もかかりますし、時間がもったいないように思えますよね。これらの単純作業も、一度プログラミングしてしまえば、後は自動でできるようになります。単純作業に時間を割かなくて済みますし、作業時間も大幅に短縮されます。

他の作業も自動化やカスタマイズをしたり、自分で考えたサービスを形にできるのもプログラミングの醍醐味でしょう。