タブレット学習は目に悪い?気になるデメリットを徹底解説! ( 3 )

コスパがいい?タブレット学習のメリットとは?

タブレット学習のメリットをまとめてみましょう。

  • 自分から勉強したくなる仕組みが整っている
  • 学習内容が教科書準拠の場合、予習や復習に最適
  • 苦手分野を把握しやすい
  • 子供の学習レベルが正確に把握できる
  • 採点が不要など、親の負担が減る
  • 勉強道具がたまらない
  • 塾や予備校に行くよりも、費用がかからない場合が多い

一例を挙げると、漢字の書き順を親が教える場合は、漢字の書き始めから終わりまで、親がつきっきりで指導する必要があります。タブレットの場合は、端末が書き順を記録してくれるため、親の見守りは不要です。漢字の書き順は、早いうちから正しく覚えておきたいものの1つですから、親は安心して書き順指導をタブレットに任せられるでしょう。

【子供のタイプ別】おすすめのタブレット教材

タブレット教材は提供会社によって特徴が異なります。ここでは、子供のタイプ別におすすめのタブレット学習教材をご紹介します。

勉強嫌いな子供に!チャレンジタッチ

勉強が嫌いだったり、苦手意識があったりする子供におすすめなのが、「チャレンジタッチ」です。ゲーム感覚で学習を進めていくため、「子供の学習意欲」を刺激します。「子供が積極的に取り組める」「自らやりたがる」と評判です。学習を頑張ったごほうびとして「努力賞プレゼント」も用意されており、飽きさせずに勉強する仕組みが整っています。

チャレンジタッチは、教科書に沿った内容を学べるので、予習・復習にもぴったりです。基本の教科以外にも、英語やプログラミングなどの機能が充実していたり、紙でのテストが届いたりと、トータルバランスに優れた教材でしょう。

公式サイト:【公式】チャレンジタッチ(進研ゼミ小学講座)|Benesse

小4以上の意欲的な子供に!月額980円のスタディサプリ

小学4年生以上の学習意欲がある子供には、「神授業 見放題」でおなじみの「スタディサプリ」がいいでしょう。スタディサプリは、リクルートが提供する学習教材で、専用のタブレットは不要です。大手予備校や進学塾などで活躍する有名講師が、それぞれの教科のポイントを1授業15分で解説する「基礎レベル講座」など、理解度に応じて繰り返し視聴できます。

全科目に授業テキストや演習問題が付いており、書き込みながらの学習も可能です。どれだけ視聴しても月額980円なのでコストパフォーマンスは抜群といえるでしょう。

公式サイト:【公式】スタディサプリ|短時間で、ギュッと。

習い事で忙しい子供に!デキタス

「塾に通いたいけれど、習い事や兄弟の関係で忙しい」という人におすすめなのが、大手予備校や進学塾を運営する「城南進研グループ」が監修するタブレット学習教材・デキタスです。1コマ最大5分と短時間のため、すき間時間を使って有効に学習できます。

デキタスの最大の特徴は、「アニメーション授業」。アニメを見る感覚で学習し、授業の後は確認テストやまとめ問題などで、理解度をチェックします。テスト対策、先取り学習、苦手な部分はさかのぼって学習できるなど、幅広く学べます。専用のタブレットは不要で、手持ちのパソコンやタブレット、スマートフォンで学習できます。

公式サイト:トップページ|【公式】デキタス

まとめ

どんな学習方法にもメリットとデメリットはあります。タブレット学習は使用時間や使い方さえ守れば、子供の学習をサポートする強い味方になるといえるでしょう。タブレット学習の教材は、提供会社によって特徴が異なります。無料トライアルやキャンペーンで気軽に始められるものもあるので、気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

参考
子どもの探究力を伸ばすタブレット端末の可能性 ~2つの実験から見えてきたもの~|Benesse教育総合研究所
スマホやりすぎでデジタル認知症/森田豊の健康連載 – 健康 :|日刊スポーツ
タブレット学習にはデメリットがあるって本当!?|タブレット学習おすすめ.com
タブレット学習のデメリット!私がタブレット学習に反対する理由|チャイビ
2019年度おすすめタブレット学習教材を端末で比較|ネット塾比較
タブレット勉強で視力は大丈夫?子供の目が心配|勉強びと@最新の学びコラム

この記事をかいた人

高橋マリ―

元フリーアナウンサー。企業イベントMC、ラジオCMナレーションなどに携わるほか、科学専門番組のMC兼APとして大学教授などを多数取材。結婚後はしばらく専業主婦。のちに地域情報紙の編集・ライターに。夫の転勤で退職し、ドイツで妊娠、出産、保活を経験。関心は幼児教育、ダイエット、時短家事、アンガーマネジメントなど。2児の母。親子バレエサークルの名ばかり代表。現在はライターとして活動中。