【最新版】勉強嫌い・苦手な小学生におすすめのタブレット学習5選

勉強より遊びに夢中になってしまう……。そんな小学生の気持ちは理解できるとはいえ、親としては家庭でもしっかり勉強してもらいたいものです。「宿題をなかなかやらない」「机に向かうことすら嫌がる」という子供の場合、どのように対応していいのか悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、楽しみながら勉強ができると評判のタブレット学習を取り上げます。数あるタブレット学習のうち、勉強が嫌い、もしくは苦手意識のある小学生におすすめのものを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

勉強嫌いな子供にタブレット学習をおすすめする理由

子供が勉強を嫌がる理由として、「内容が理解できない」「興味が持てない」などが考えられます。まずは「勉強をやりたい」という気持ちにさせることが大切です。 勉強嫌いな子供にタブレット学習をおすすめする理由を3つのポイントに分けて説明します。

勉強に興味を持つ

タブレット学習は、映像や音声を使って、ゲーム感覚で取り組めるものが多くあります。問題を解くことでごほうびがもらえたり、ゲームに参加できたりするので、紙の学習は嫌がる子供でも、タブレット学習は自主的にやりたがるケースが多いようです。

勉強の習慣が身につく

タブレット学習は1コマ10~15分程度が多く、夕食や入浴前などのすき間時間で取り組むことができます。気が向いたときに短時間で取り組めるため、継続しやすく、勉強の習慣が身につくでしょう。「勉強すればするほどレベルが上がる」仕組みのものもあり、「毎日やりたい」と思わせる工夫がされているのが特徴的です。

学習状況を把握しやすい

タブレット学習の教材には、子供の学習状況を親にメールなどで知らせる機能が付いています。「どこでつまずいているのか」「どこまで進んだか」が分かるため、親が子供の学習レベルを把握できます。