英語教育いつから始める?早期英語教育のメリットとデメリット ( 3 )

今後英語教育はいったいどのように変わるのか

自分の子供が変化に対応できるのか、不安に感じている親御さんも多いのではないでしょうか? ここでは英語教育がどのように変わるのかをご紹介します。

2020年度から小学3年生で英語が必修に

2020年度の教育改革でも、最も大きく変わると言われているのが小学生の英語教育です。概要を見てみましょう。

  • 2020年4月から小学3年生から英語教育がスタートする
  • 小学3・4年生は「体験型学習」という形で英語に慣れ親しんでいく
  • 体験型学習は年間35コマ(週に1コマ)の授業で、アルファベットや外国語のリズム、発音に慣れる事を目的としていて、歌やゲームなどを中心に行う
  • 体験型学習は「教科」ではないため、成績はつかない

2020年を待たずに英語教育をスタートさせている学校もありますが、多くの学校は2020年4月の3・4年生からカリキュラムが大きく変わります。

参考

【乳児、幼児の英語教育】英語はいつから、何歳から勉強するのが効果的か?|留学・ワーキングホリデーなら留学ドットコム

小学校5年生からは成績がつく

現在の小学5年生は、体験型学習として英語を学んでいますが、3・4年生と同じく2020年4月からは以下のようにカリキュラムが変わります。

  • 2020年4月から小学5・6年生は「英語」という「教科」で英語という「言語」を学んでいく
  • 小学校での英語教科は年間70コマ(週に2コマ)で実施され国語・算数・理科・社会に加えて英語が加わり5教科となる
  • 小学5・6年生の英語は「教科」のため成績が出る
  • 小学校の間に600~700の英単語を学ぶ

現在中学校で習う英単語は1,200語といわれているので、小学校で700~800の英単語を学ぶというのは非常に負担が大きいことが想像できます。

参考

【2020年 小学校での英語教育とは】大きく変わる小学校での英語教育改革まとめ|留学・ワーキングホリデーなら留学ドットコム

中学校の英語の授業は「英語だけ」で実施

小学校で英語教育が前倒しで行われるということは、中学校のカリキュラム自体も変更になります。

  • 2020年4月からの中学の英語の授業は100%全て英語で行われる
  • 英語オンリーの授業は英語で英語を教えるスタイルになる
  • 中学校で覚えるべき単語数は現在の1,200語程度から1,600~1,800語まで増加する
  • 英語で自分の意見を話す・英語で相手の意見を聞くという形式の授業が行われる

この変化に合わせて、覚えるべき英単語は1,200語だったのに対し、小学校の600~700語、中学校での1,600~1,800語を合わせると、最大で2,500語。従来の倍以上の単語を中学卒業時にマスターしていなければいけないことになるのです。

参考

【2020年 小学校での英語教育とは】大きく変わる小学校での英語教育改革まとめ|留学・ワーキングホリデーなら留学ドットコム

新大学入試共通テストではスピーキング・ライティングが導入

現在行われている大学入試センター試験については2020年実施分までで廃止されることが決定しています。

2021年1月から新しく導入されるのは「大学入試共通テスト」で、英語に関してはスピーキングとライティングが導入されるのです。

従来のセンター試験ではマークシート方式であったのに対し、英語検定のようなスピーキングやライティングが課されるというのは、受験生にとっても大きな変化といえるでしょう。

まとめ

英語教育の変化は、子供たちを取り巻く環境を大きく変えることになります。現在小学校中学年から高校生までの子供がいる親御さんにとっては非常に不安を感じることもあるでしょう。

ただし、子供は大人が思うよりも柔軟に環境の変化に対応できます。子供が困らないように英語を学ばせるのも一つの方法ですし、困ったときに背中を押してあげるのも大切なフォローです。自分たちの学生時代とは大きく変化しているのだということを親は肝に銘じて、子供の教育に関する方針を考えてみてください。

参考

みんなはいつからやっている? 子どもの英語教育|明光義塾のコミュニティサイト メイコミュ

【乳児、幼児の英語教育】英語はいつから、何歳から勉強するのが効果的か?|留学・ワーキングホリデーなら留学ドットコム

子供の英語教育はいつから始めるべき?早期教育のメリットと注意点|英会話教室・英会話スクール【シェーン英会話】

小学生からじゃもう遅い?英語教育はいつから始めるべきか|子供英語タイムズ

【2020年 小学校での英語教育とは】大きく変わる小学校での英語教育改革まとめ|留学・ワーキングホリデーなら留学ドットコム

幼児英語教育はやるべきか?6つのメリットと4つのデメリット|コスモグローバルキッズ横浜馬車道

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)