全教科を英語で学ぶ!イマージョン教育のメリット・デメリット

全教科すべて英語で!イマ―ジョン教育のメリット・デメリット

もしも英語が堪能になりたければ、英語に囲まれた環境に身を置くのが一番です。それを分かっていながらも、留学には二の足を踏んでしまう人は多いでしょう。ところが、海外に行かなくても英語だらけになれる生活が日本にもあります。英語の力をつけ、グローバルな人間への成長を目的としたイマージョン教育です。現在その教育法を取り入れた学校は世界各国で増え続けており、英語に囲まれる生活を実現させています。そのイマ―ジョン教育の内容とメリット・デメリット、実践校の様子についてご紹介していきます。

イマ―ジョン教育とは?

英語を学ぶというよりさまざまな場面で「使う」ことを目的とした教育で、国語以外のすべての授業は英語で行われます。英文で書かれた数学の教科書を読み、英単語が並ぶ板書を英語でノートに書き写す、まさに英語漬けの学校生活です。イマ―ジョンは「浸す」という意味をもち、この言葉を冠した教育法は英語に浸ることを目指して生まれました。

イマージョン教育は、英語を生活の中で使うツールとして利用することで、より磨かれた英語力を身につけることを目的としています。イマ―ジョン教育の誕生は1965年のカナダです。子供にフランス語を習得させたいと考えた保護者の働きかけによって始まり、今では世界各国の学校で効果の高い語学学習法として取り入れられています。

1 2 3