知育玩具って本当に必要なの?

知育玩具って本当に必要なの?

知育玩具とは、遊びを通して、子供の持つ好奇心や興味を刺激することで、成長段階にふさわしい能力(知能の発達や心の成長)を引きだすことを目的に作られたおもちゃと言われています。
ただし、知育玩具というおもちゃに対して明確な定義はないようで、古くからある定番のおもちゃが、今では知育玩具としてお店で売られていることもあります。
結局、知育玩具って何なのでしょう?どんな効果があるのでしょう? 普通のおもちゃではダメなのでしょうか?

知育玩具の効果は人それぞれ?

「知育」とネーミングされているからといって、多く買いそろえたところで子供の目覚ましい発達が期待できるものでもありません。また「知育玩具」と銘打つだけで高めの値段設定になっていることもあり、そうそう買いそろえられるものでもないでしょう。

また、ひとくちに知育玩具と言っても、どのおもちゃが、どういった感受性をどの程度豊かにするのかなどが明確に決まっているものではありません。同じ知育玩具でも、子供誰もが同じように遊ぶとは限りません。むしろ知育玩具の効果は子供1人ひとり異なるところに価値があると言えるのではないでしょうか。