EdTechとは?Eラーニングとの違いが分からない人は必見!

EdTechとは?Eラーニングとの違いがわからない人は必見!

近年、EdTechという言葉が話題になっています。なんとなく教育業界とIT業界に関係があるらしいということは知っていても、具体的にはまだまだ知らない人が多いのではないでしょうか? そこで今回は、EdTechとは具体的にどのようなものなのか、Eラーニングとは何が違うのかについてお話します。

EdTechとは?

まずはEdTechという言葉の意味と、注目されている背景についてお話します。

教育(Education)×IT(Technology)

EdTechとは、Education×Technologyから作られた造語で、日本語では教育×ITと説明されることが多いようです。EdTechを一言で説明すると、テクノロジーの力で教育にイノベーションを起こす取り組みのことです。海外ではアメリカのシリコンバレーを中心にさまざまなサービスが開発されており、日本ではスタディサプリやStudyplusなどが有名です。

EdTechが注目されている背景

日本でEdTechが注目されているのには主に2つの理由があると言われています。1つ目は情報通信技術の進化によって、大量のデータを安価かつ高速に伝達できるようになったこと。2つ目は文部科学省が2020年までに、小中学校で1人1台タブレットを配布すると発表したことです。また、2020年は5Gが導入される予定の年でもあり、スマホの通信量問題が解決されるとも言われています。いずれにしても、ここ数年で日本の教育は大きく変わるでしょう。

日本で有名なEdTechサービス

インターネット予備校スタディサプリや学習管理アプリStudyplusをはじめ、近年さまざまなEdTechが登場しています。社会人向けのオンライン学習動画配信サービスudemyや、オンライン英会話サービスDMM英会話もEdTechサービスです。

EdTechサービスの種類についてさらに詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。
【2018年版】これは便利!日本のEdTechサービス7選

EdTechとEラーニングの違い

教育×IT領域だと、これまでにもEラーニングと呼ばれる概念がありましたが、EdTechではEラーニングではできなかったこともできるようになると言われています。EdTechでは具体的にはどのようなことができるのでしょうか?

いつでも・どこでも・手軽に学習できる

インターネット上に授業動画を保管することにより、いつでもどこでも手軽に授業が受けられるようになります。地方でも都内の有名講師の授業が受けられますし、人によっては海外の講義を受けることも可能です。

双方向的なコミュニケーション

これまでもEラーニングによる動画配信授業は存在していました。しかしEdTechではそれだけでなく、オンラインでの授業中に遠く離れた生徒と教師が双方向的にコミュニケーションをとることも可能です。

AIによる個別学習

EdTechの中でもっとも期待されているのが、AIによる完全に自動化された個別学習の実現です。通常は学校や塾の先生が生徒1人ひとりの理解度に合わせて指導しますが、EdTechではコンピュータが自動で生徒の苦手部分を見つけ、克服するための問題や解説を提示してくれます。

まとめ

EdTechとは、テクノロジーの力で教育にイノベーションを起こす取り組みのことです。EdTechのサービスによって生徒はいつでもどこでも講義を受けられ、離れていても先生に困ったところ手軽に相談でき、苦手なところはコンピュータが見つけてくれるようになります。2020年に向けて教育はどんどん変わることが予想されるので、引き続きEdTechの動向はチェックしておきましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部