情操教育をする意味とは?子供の心を育てるために家庭でできること

子どもの心を育てる情操教育とは?はじめる年齢と注意点について

みなさんは情操教育という言葉を聞いたことはありますか? 子どもの心を育てる教育法として注目を集めている教育法です。当記事では、子供の心を育てる情操教育とはどんな教育なのか、情操教育をするメリットや始める年齢、そして情操教育をするときの注意点について解説します。

情操教育の意味とは

情操教育とは、体験や経験を通して五感を刺激し、情緒や個性、道義的など「子どもの心」を育てる教育法です。「情操」という言葉には、「人が特定の対象・事象に対して、持続的に複雑な感情的関心を抱く」という意味があります。

難しい言葉に聞こえるかも知れませんが、家族と旅行に出かけて楽しかった思い出や、動物に触れてかわいいと思った場面それぞれで感情が成長し、私たちの価値観を作る大事な要素になっているかと思います。このような体験も情操教育です。

情操教育は学校教育にも取り入れられており、体育や図工、音楽、道徳など、5教科以外の科目は、情操教育の観点から取り入れられています。

参考
情操(じょうそう)とは|コトバンク