情操教育の観点から、遊び場・スポット選びのポイントとは?

情操教育の要素が含まれたスポット選び、チェックすべきポイントとは?

旅行とまでは行かないけれど、近場で遊びに行きたいと考えたとき、情操教育の観点で場所を選ぶとしたら、迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、スポット選びのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

五感に刺激を与えてくれる自然は、非日常の生活を体験できる最適な場所の1つ。TVの画像や絵本に描かれた色と実際の色は違うので、葉っぱや木々の色を見るだけでも、現実の世界を体験していることになります。

8月11日は山の日として国民の祝日になりました。祝日を利用してその目的に合わせた活動も楽しいのではないでしょうか。

そして、山にはいろいろな活動ができるという特徴もあります。

山登り

一歩一歩大地を踏みしめ、ようやく頂上に登った時の爽快な気持ちは、達成感と共に味わうことができます。

「山ってこんなに急なんだ」

「こんなに高いんだ」

「街や人があんなに小さく見える」

など。当たり前のことが大きな刺激として目に飛び込んでくるのです。

山登りをする際には、最初から高い山ではなく、スモールステップで登れる難易度の低い場所を選ぶのがポイントです。

また、子供では気づきにくい下界との温度差や、見たことのない植物や鳥などを伝えてあげましょう。

ハイキング

山登りより難易度の低いハイキングは、ゆったりと周りの景色を見ながら散歩感覚で進めるのが特徴です。

目的地についたらお弁当を食べるのもおすすめ。

いつもと違い、自然に囲まれた場所で食べるお弁当は、格別なのではないでしょうか。

キャンプ

キャンプは宿泊体験としてさまざまな活動を組み込むことができます。火起こしや食事づくり、夜のナイトハイクなど、どれも子供の心を刺激するものばかりです。

そして、虫の声が聞こえる中で眠るという幻想的な時間も、子供の想像力を掻き立てるのではないでしょうか。

非日常の場所では、今までできなかったものができるようになる他、苦手なものが克服できるなど、さまざまなチャンスが広がっています。