これからの社会を作っていく教育!日本の教育問題を徹底解説! ( 3 )

教育問題へアプローチしているNPO

日本には多くの教育課題があります。では、これらの教育課題に対して、どのようなアプローチができるのでしょうか? 今回は、3つの教育課題にアプローチしているNPO(非営利組織)をご紹介します。日本の教育課題に対して、どんなアクションができるのか参考になれば幸いです。

NPO法人フリースクール全国ネットワーク

NPO法人フリースクール全国ネットワークは、2001年から活動しており、子供たちの学びを多様にし、子供たちに合う教育が選択できる社会を目指している団体です。

全国のフリースクールをネットワークとしてつなぎ合わせて、イベント行ったり情報発信を行っています。学校に行けず悩んでいる子どもやご家庭が、自分に合った学校や学びの場を見つけるために活動をしています。

参考

不登校・フリースクール情報|NPO法人フリースクール全国ネットワーク

Teach For Japan

Teach For Japanは、「教室から世界を変える」という力強いメッセージを発信しているNPOです。生まれた環境や地域に関わらず、すべての子どもが素晴らしい教育を受けることができるように、情熱を持った人材を公立の小中学校に教師として赴任させるという活動をしています。

情熱を持った人材が、教師として2年間、学校現場の先生方と協働することで、教育課題に積極的にアプローチします。また、2年間のプログラムを経た教師たちは、学校現場や民間企業、NPO、NGOなどで教育課題解決のために活躍しています。

参考

私たちについて|Teach For Japan

チャンス・フォー・チルドレン

チャンス・フォー・チルドレンは名前の通り、経済的な理由から教育を十分に受けることができない子供たちにアプローチしているNPOです。

具体的には、子供たちへ学校外で教育を受けることができる塾や習い事などのバウチャーを提供しています。バウチャーは130以上の教育事業者で利用することができ、教科学習やスポーツ、文化、体験活動など種類もさまざまです。

参考

チャンス・フォー・チルドレンとは|チャンス・フォー・チルドレン

まとめ

解決するべき日本の教育問題は数多く、また複雑に存在しています。大切なことは、10年後、20年後の社会が子供たちにとって生きやすいものになることを目指して、問題をそのままにしないことではないでしょうか。問題を理解し、行動を起こすことで、どうすることもできないと思っていた「教育問題」は、解決するべき「教育課題」へと変わるでしょう。今回の記事が、日本の教育課題を知るきっかけになれば幸いです。

参考

軽井沢風越学園

不登校が過去最多、5年連続増加の原因とは ~現場関係者から背景を紐解く~|ヤフーニュース

不登校・フリースクール情報|NPO法人フリースクール全国ネットワーク

チャンス・フォー・チルドレンとは|チャンス・フォー・チルドレン

私たちについて|Teach For Japan

日本の教育問題の根本にある「学年学級制」を克服する大胆提言|現代ビジネス

日本の教育制度の一番の問題点は?|Quora

子どもの貧困対策|日本財団

各種世帯の所得等の状況|内閣府,P15

子供の貧困|内閣府

この記事をかいた人

katsu

オランダの小学校で教員になるために、オランダに移住した元小学校教員。「ひとりひとり違った形や色があって、それがいい」と考え、イエナプランを取り入れた学級づくりや授業づくりに取り組む。ファーストキャリアは旅行会社!「教育」と「旅」をライフワークに、フリーライターとして活動中。Twitterで毎日オランダの教育ニュースを発信中!
Twitterアカウントはこちら