子供の将来は教師次第?10歳で進路が決まる「ドイツの教育制度」

教育制度は時代によって変化していくものですが、国によっても制度が大きく異なるのも特徴です。そこで今回はドイツの教育制度についてご紹介します。ドイツへ出張する人やドイツ赴任の可能性がある人、ドイツ移住を検討している人はぜひ参考にしてください。

ドイツの教育制度の特徴

ドイツの教育制度にはどのような特徴があるのでしょうか。詳しく解説していきます。

州によって制度が若干異なる

ドイツでは州によって教育制度が異なります。基礎となる大枠部分は国が決定しますが、細部に関しては州や都市の裁量に任されているのが特徴的です。子供にとっての義務となる基礎学校は4年制ですが、ベルリンやブランデンブルクは6年制を採用しています。

参考

悩める学校教育制度|ドイツニュースダイジェスト

ドイツの学校制度と職業教育|独立行政法人 労働政策研究・研修機構

三分岐型教育システム

ドイツでは初等教育期間を終えた10歳で、就学かキャリア習得に向けた学校かを選択しなければなりません。学校の選択肢が3つあることから、「三分岐型教育システム」と呼ばれます。

参考

ドイツの学校制度と職業教育|独立行政法人 労働政策研究・研修機構

学齢の区分けは7月1日~翌年6月30日

ドイツの新学期は夏休み直後の8月または9月から始まります。そのため、学齢の区分けは日本と異なり、7月1日~翌年6月30日となります。ちなみに、ドイツの夏休みは州ごとに毎年開始時期が異なります。

参考

Nr. 3 小学校に入学する前に|ドイツニュースダイジェスト

ドイツの学校制度概要

ドイツの義務教育は9年間(一部の州は10年)です。およそ6歳で基礎学校に入学し、4年間学んだ後は子供の能力や適性に応じた中等教育に進みます。義務教育後に就職し、職業訓練を受ける子供には週に1~2日職業学校に通う義務があります。この義務は職業学校就学義務といい、期間を通常3年としています。

ドイツの学校教育制度は以下の通りです。次の章でそれぞれを詳しく説明していきます。

(参照元:10歳で将来の分かれ道?!ドイツの教育システム|ナレッジキャピタル

参考

ドイツの学校系統図 |文部科学省

10歳で将来の分かれ道?!ドイツの教育システム|ナレッジキャピタル