引きこもり主婦の原因や特徴、すぐに実践できる解消法をご紹介!

皆さんは「引きこもり主婦」という言葉を聞いたことはありますか? 引きこもり主婦とは、その名前の示す通り、何かがきっかけで引きこもりになってしまう主婦のことをいいます。実際の引きこもり主婦は、ささいなことをきっかけに始まっていくため、世間に知られていないだけで意外にも世の中に多く、また、その解消方法が分からず、悩んでいる人も少なくありません。

今回は、そんな引きこもり主婦の原因や特徴、すぐに実践できる解消法についてご紹介をしていきたいと思います。この記事が、引きこもり主婦になってしまい、悩んでいる方の引きこもり解消への第一歩に少しでもなればと思っています。

引きこもり主婦になる原因

引きこもり主婦になる原因には、さまざまなものがありますが、どれもささいなことがきっかけとなり、始まっていきます。引きこもり主婦となった原因を探っていくことで、解決の糸口が見えてくることも多く、原因を知ることはとても大切なことです。

原因を知ることで、「この部分を解消していけば現在の生活はもっと良くなるのかもしれない。」、「自分自身が悩んでいたのはこれが原因であり、この部分を見直していけば、現在の生活もプラスの方向へ変わるかもしれない。」などと自分自身の気持ちが整理され、現在の環境がプラスの方向へと変わっていくことも多いと言われています。

ここからは、そんな引きこもり主婦になる原因を3つご紹介していきます。

転居した土地に馴染めない

引きこもり主婦になる原因の1つ目に挙げられるのが、転居した土地に馴染めないということ。結婚や夫の転勤、転職、マイホームの購入などさまざまな理由をきっかけに引っ越しをすることで、妻がその土地に上手く馴染めなくなることはしばしあります。今まで住み慣れた土地とは異なる風土や習慣の地域に引っ越してしまったことから、ご近所付き合いやその土地の決まり事などといった環境に上手く馴染めなくなるのです。

そして、人と関わることが次第に面倒になり、家にこもるような生活が始まり、引きこもり主婦となっていくのです。転居した土地に上手く馴染むことができず悩んでいる方は、注意が必要と言えるかもしれません。

悩みやストレスを抱えている

引きこもり主婦になる原因の2つ目に挙げられるのが、悩みやストレスを抱えているということ。人間は、悩みやストレスを抱えていると、人と関わること自体が面倒になり、人に会うことが憂鬱になっていきます。そして、主婦として生活している中で、そんな状態が長く続いていくと、「今日は誰にも会わないでいよう。」などと次第に思うようになり、引きこもり主婦となっていくのです。

とりわけ専業主婦は、掃除や洗濯、炊事といった家事をするのが毎日の仕事であり、自分の行動次第では誰にも会わずに、毎日の生活を送ることができます。そんな毎日の状況は、引きこもりになりやすい環境であり、引きこもりを選択しやすい環境であるとも言えます。

夫に逆らえない関係性である

引きこもり主婦になる原因の3つ目に挙げられるのが、夫に逆らえない関係性があるということ。亭主関白な夫に対して、妻が逆らえないという関係性ができていることで、そこから引きこもり主婦になってしまうことは、よくある原因の1つです。

人生のパートナーであり、良き理解者となるはずの夫に逆らえないという関係性ができていると、妻は、自分自身のやりたいことを自由にすることができません。自分自身を抑えつけられているような気分になり、そのような関係性を辛いと感じると、次第にその生活にストレスを感じていくことも多いと言われています。

そして、そのなかなか解消されないストレスから、次第に家にこもるようになり、だんだんと引きこもり主婦になっていってしまうのです。