【すらすら書ける!】羊と鋼の森の読書感想文の例!書き方もご紹介

学校の宿題で必ずと言っていいほど出てくる読書感想文。どんな本を読んでどんな内容の感想文を書いていいか戸惑ってしまう子供は多いのではないでしょうか。この記事では羊と鋼の森の読書感想文の例をご紹介し、読書感想文の書き方もご紹介します。

羊と鋼の森について

羊と長根の森はどんな作品なのでしょうか。ベストセラー小説、映画化、あらすじについて触れていきます。

本屋大賞を受賞したベストセラー小説

羊と鋼の森は2016年に3つの賞を受賞した大ベストセラー小説です。

  • 2016年本屋大賞
  • 王様のブランチブックアワード大賞
  • キノベス!2016

著者は宮下奈都さん。デビュー作は2004年の「静かな雨」で、2012年には「誰かが足りない」で「第9回本屋大賞」で7位に入りました。

映画化でさらに人気に!

(参照元:映画『羊と鋼の森』予告|東宝MOVIEチャンネル)

2015~2016年にかけて数々の賞を受賞し、ベストセラーになったのがきっかけで2018年には映画化されました。

登場人物 キャスト
外山 直樹 山崎 賢人
板取 宗一郎 三浦 友和
柳 伸二 鈴木 亮平
佐倉 和音 上白石 萌音
佐倉 由仁 上白石 萌歌
北川 みずき 堀内 敬子
濱野 絵里 仲 里依紗
上条 真人 城田 優
南 隆志 森永 悠希
外村 雅樹 佐野 勇斗
秋野 匡史 光石 研
外村 キヨ 吉行 和子

cast profile|羊と鋼の森 より筆者作成)

美しい音楽と映像で心地よい気持ちになることができ、音楽に携わっていない方でも調律師がどんなことをしているのかが分かる映画になっています。

また、主人公の迷いや葛藤が生々しく描かれており、映画を見終わった後も考えさせられる作品です。

あらすじ

ゆるされている。世界と調和している。

それがどんなに素晴らしいことか。

言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律の世界に魅せられた外村。

ピアノを愛する姉妹や先輩、恩師との交流を通じて、成長していく青年の姿を、温かく静謐な筆致で綴った感動作。

(引用元:羊と鋼の森(文春文庫)|amazon

『羊と鋼の森』はピアノの調律師が物語の主人公です。主人公の外村は高校生で、体育館にあるピアノを調律師が音を調整しているところを見つけ、あまりにも美しい音色に感激しました。この調律師との出会いをきっかけに調律師を目指すようになりました。

高校を卒業し、調律師の専門学校に通い、平凡な成績で楽器店に就職します。ピアノの調律に正解はなく、同じチューニングでも演奏する場所で音は変わってしまいます。そんな正解がないピアノの調律に試行錯誤し、悩み、ピアノを弾く人の個性を活かせるように音を探し続けます。

葛藤しながらも、諦めずコツコツと自分なりの答えを探っていく様子が描いたヒューマンドラマです。