フランス革命記念日の内容!その他祝祭日についてもご紹介

フランス革命記念日(別名パリ祭)をご存知でしょうか? このフランス革命記念日はフランスでは1年に一度の大きなお祭りです。この記事ではフランス革命の歴史やフランス革命記念日の行事内容をご紹介します。また、記事の後半ではフランスの祝祭日の行事についてもご紹介しています。記念日を大切にするフランスの風習が分かるので参考にしてください。

フランス革命について

フランス革命記念日はフランス共和国の設立を祝う記念日です。まずはフランス革命の歴史について触れていきましょう。

開催日は7月14日

フランス革命記念日は7月14日で、フランスのカレンダーでは祝日に当たります。よくメディアや報道で「パリ祭」と呼ばれていますが、パリ祭と言うのは日本だけのようです。

フランス革命記念日当日は街全体が「政治」「軍事」の2色に染まり、おしゃれな街とは一風変わった風景を楽しむことができます。

参考
フランス革命記念日(パリ祭)/14juillet|France-jp.net

フランス革命の歴史

フランう革命記念日は、フランス革命の発端となった1789年7月14日のバステューユ監獄襲撃と、その翌年の全国連盟祭が起源となっています。

市民がバステューユ牢獄を襲撃したことがきっかけでフランス革命が起こり、今までの絶対君主制度が崩れ新たな近代国家体制を築いていくことになりました。バスティーユ牢獄は収容人数が7人ほどしかいませんでした。市民はなぜその牢獄を狙ったのでしょうか? 答えは諸説ありますがこの建物が旧体制(絶対君主制度)の象徴であったからだと言われています。

国の象徴を襲撃することに意味があり、その結果王政は崩れていったのです。

参考
パリ祭|Wikipedia