もしかして子育て失敗?子育てで後悔しないために今できること ( 3 )

子育てで後悔しないために今できること

子供を信じ、子供の選択を受け入れる

子供は、親とは異なる価値観を持ち、別の人生を歩んでいます。子供を信じ、子供の選択を受け入れましょう。子供の人生は子供自身のものです。親の役目は、子供が自分の力で人生を歩めるようになるまで、子供に伴走することです。

失敗を「子供が学習するチャンス」と喜ぶ

人間は、順調なときはあまり物事を深く考えないものです。失敗や挫折を味わって初めて、真剣に考え、創意工夫し、努力して成長します。子供が危なっかしい選択をしても、それが取り返しのつかない重大な間違いでない限り、あえて子供の思うままに任せましょう。そして子供が失敗したとすれば、まず子供の努力を認めてあげ、子供が立ち上がるための支えとなってあげましょう。

過去と比較し、子供の成長をほめる

小学校3年生でようやく九九を覚えた子供にどんな言葉をかけますか? 「他の子は九九をとっくに覚えて、今はもう割り算やってるのよ」では、子供はせっかく頑張ったのに非難され、やる気をなくしてしまいます。「頑張ったね、ちゃんと覚えられたね」なら、親も子供も努力の結果を素直に喜べるでしょう。

他人と比べる「横の比較」ではなく、過去と比べる「縦の比較」をしましょう。そうすることで、子供の成長が実感できるようになります。

子供と過ごす「今日」を大切に過ごす

毎日のように言っていた「あとで…」。結局、「あとで」なんてほとんどこなかった。

(引用元:「あのとき、こうしていれば…」 成長するわが子に対するママの後悔|たまひよ

高校生の子供を持つお母さんのこの言葉が、心に刺さります。子供が泣いて甘えると、「もう忙しいのに」と思ってしまいます。しかし、泣く子供を抱っこしてあやせるのは今だけです。子供と過ごす今この瞬間を大切にしましょう。

まとめ

子育ては20年前後の長い間、毎日毎日続く長期戦です。いいときもあれば悪いときもあり、思い返せば後悔も少なからずあるのが普通です。しかし、後悔を感じるのは、子供を心から愛し、子供のために最善を尽くしたいという思いが強いからこそなのです。それは、子供のために親が頑張っている証拠と言えるでしょう。

参考

怒りと不安「頭ごなしの親」の子の行く末|President Online

子育て真っ只中のママたちへ、先輩ママが語る「子育てで後悔していること」とは? | ママスタセレクト

子育てに”失敗”はない。大事なことは失敗からどれだけ学べるか|ママスタセレクト

子育て失敗!の結果が出るのは、子供が30歳以降になってから|毒親育ちの子育て

子どもができないことはやってあげればいい。「やってあげると自立できない」は罪深い迷信 | ママノート

親力UP2, いつも叱られている子は、いい自己イメージが持てなくなる|親力講座

「あのとき、こうしていれば…」 成長するわが子に対するママの後悔|たまひよ

この記事をかいた人

Sachiko

海外在住20余年、子育て・教育ライター。明治大学政治経済学部卒業。中国へ2年間留学。中国北京の日系広告会社で営業マネージャー。 結婚・出産後、北京で専業主婦。夫の転勤に同伴したフィジーで、アジアの女性のためのソーシャルグループ代表を務め、文化交流イベントを企画運営。2018年より、インド・デリー在住。ライターとして活動を始める。中国語HSK6級。TOEIC945点。中国生まれ、フィジー育ち、デリーで思春期を迎えた1人息子の母。 中国時代から共に過ごす老犬の介護中。