月見草とはどんな植物?待宵草とはどう違う?月見草の花言葉と育て方

月見草をご存知ですか? ひとくくりに「月見草」と呼ばれていますが、さまざまな品種があります。代表的なのは、白い花をつけるツキミソウ、黄色い花をつけるマツヨイグサ、ピンクの花をつけて昼間に咲くヒルザキツキミソウなどです。ここでは、月見草の種類と花言葉、育て方、月見草に関する豆知識を解説します。

月見草とは

月見草の基本情報

学名 Oenothera
和名 月見草(ツキミソウ)、待宵草(マツヨイグサ)
英語名 Evening primrose
科名・属名 アカバナ科・マツヨイグサ属
原産地 北~南アメリカ
開花の時期 5~9月

月見草の種類

ツキミソウ (Oenothera tetraptera)

ツキミソウの原産地は北米テキサスからメキシコです。明治以前に日本に渡来して以来、観賞用草花として栽培されています。野生化したマツヨイグサと比べ性質が弱く、今日では目にすることが少なくなりました。

夜に咲く1日花で、夕方から夜にかけて咲き、純白の4枚の花びらがぴんと開きます。その後、しだいに淡いピンク色となり、朝には濃いピンクになってしぼんでしまいます。種をまいた翌年に開花する2年草ですが、生育環境によっては1年草、多年草にもなります。また、別名「月よりの使者」とも呼ばれています。

 

(参照元:kiyomama0502 | Instagram)

参考
月よりの使者 月見草|日本月見草協会

ヒルザキツキミソウ (Oenothera speciosa)

夜咲きが多い月見草の中で、ヒルザキツキミソウは明るい昼間に花を開きます。最初からピンク、または白の花を咲かせ、変色しません。1日花ではなく数日間咲いています。花びらは4枚で、少し角ばった広釣鐘型をしています。

丈夫で荒れた場所でもよく育つため、野生化して空き地などに咲いている姿もよく見られます。ピンクのものを「モモイロヒルザキツキミソウ」と呼ぶこともあります。

 

(参照元:seiko0613| Instagram)

参考
ヒルザキツキミソウ|花と緑の図鑑 Garden Vision

マツヨイグサ (Oenothera stricta)

原産地はチリやアルゼンチンで、日本には江戸時代末期に渡来しました。夜に咲く1日花で、比較的短命な多年草です。花径3~5センチの明るい黄色の花を咲かせ、花が咲き終わるころにはオレンジ色に変わります。

 

(参照元:annesumire7755| Instagram)

参考
マツヨイグサ[待宵草]|みんなの花図鑑

コマツヨイグサ (Oenothera laciniata)

原産地は北アメリカで、明治時代に日本に渡来しました。花径2~3センチの薄い黄色の花をつけ、夜に咲く1日花です。しぼむとオレンジ色に変わります。茎が地面をはい、じゅうたんのように広がります。

 

(参照元:ruru.tamayashiki | Instagram)

参考
コマツヨイグサ(小待宵草)|松江の花図鑑

ヒナマツヨイグサ (Oenothera perennis)

原産地は北アメリカで、山草として生息しています。花径1.5~2センチの黄色の花をつけます。コマツヨイグサとよく似た花ですが、昼に咲く点が異なります。しぼんでも赤みを帯びません。「ヒメマツヨイグサ」または「ヒメツキミソウ」とも呼ばれます。

 

(参照元:innoce_e | Instagram)

参考
ヒナマツヨイグサ  雛待宵草|三河の植物観察