『レインツリーの国』読書感想文の書き方・失敗しないポイントを解説

読書感想文が苦手という子供は少なくありません。小学生から始まる課題ですが、中学生・高校生になっても苦手意識を持ってしまって、夏休みの課題では最後まで残ってしまう……。そんなことはないでしょうか?

読書感想文は自由図書で書くことが多く、本選びからつまずいてしまうこともあります。「どんな本を選べば良いのかわからない」「読書感想文を書きたいと思えるような本がない」と感じることもあるはず。そこでこの記事では中学生・高校生におすすめの『レインツリーの国』をご紹介します。

どのように書けば読書感想文を上手に書けるのか、また失敗しないポイントはあるのかについてまとめましたので、ぜひ課題の参考にしてください。

『レインツリーの国』の内容をおさらいしよう

『レインツリーの国』はライトノベル作家の有川浩(現在は有川ひろ)さんの作品で、2006年に発表された後は2007年にラジオドラマ化、2015年には映画化された人気の高い小説です。

created by Rinker
新潮社
¥464 (2019/08/22 14:09:40時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

主人公は関西出身で東京の会社員3年目の向坂伸行。中学生のころに読んだライトノベルについて検索していると、「レインツリーの国」というブログ出会います。「レインツリーの国」を管理する「ひとみ」に連絡を取ると返信があり、そこから毎日のようにメール交換するようになります。

メールのやりとりを始めてから2ヶ月が過ぎたころ、伸行は「実際に会おう」とひとみに持ちかけます。ひとみは散々ためらった後承諾しますが、実際に会ってみるとなぜかトラブル続き。

ひとみの話し方の癖や映画の選択、エレベーターの重量オーバーを知らせるブザーに反応しないことなどから伸行のイライラは募り、大きな声を出してしまいます。そのことがあり伸行はひとみが聴覚障害者だと初めて知ることになります。

健常者と障害者という立場から、2人はたくさんけんかをしますが、徐々にお互いのことを知り、愛情が芽生えるようになります。再び会うようになってからは、伸行の提案でひとみは髪を短くします。障害の象徴である補聴器を隠さない新しい生き方に踏み出していくのです。

登場人物

『レインツリーの国』の登場人物は2人です。主人公の向坂伸行(さきさかのぶゆき)と「ひとみ」こと人見利香(ひとみりか)。丁寧なタッチで生き生きと2人の生い立ちや人生観、人物像が描かれています。

向坂伸行
  • 関西出身の会社員
  • 中学生のころに読んだ『フェアリーゲーム』のエンディングに納得していない
  • 父親を脳腫瘍で亡くしている
  • 普段は温和だが激高すると関西弁でまくしたてる
  • 感情の表現がストレート
人見利香
  • 「レインツリーの国」というブログの管理人
  • 高校生のとき登山中の事故で感音性難聴になってしまう
  • 補聴器をつけているのを隠すために髪を伸ばしている
  • 障害者枠で採用された会社で嫌な思いをしている

この2人のやりとりが中心となって物語は展開されていきます。

1 2 3