『蜘蛛の糸』の読書感想文を上手に書くコツと物語の復習

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』は、現代でも語り継がれるほどの名著です。短編でありながら、読む人に感銘を与える1冊。『蜘蛛の糸』のあらすじや登場人物、読書感想文での着眼点、上手に書く方法などについて解説します。

created by Rinker
¥346 (2019/07/20 03:13:58時点 Amazon調べ-詳細)

『蜘蛛の糸』の内容を整理しよう

登場人物

カンダタ(犍陀多)

殺人や放火までした罪人。生前にたった1つだけ善行をして地獄に落ちました。

釈迦

地獄からカンダタを救い出してやろうとチャンスを与えます。

あらすじ

極楽の蓮池を散歩していたお釈迦様は、ふと池の底をのぞき込みます。極楽の下にある地獄の様子を見るにつけ、カンダタという男を見つけます。カンダタは、殺人や放火などたくさんの罪を犯したために地獄に落ちますが、生前たった1つだけ善行をしていました。それは、林のなかにいた蜘蛛を殺しかけてやめたこと。

お釈迦様は、カンダタにめがけて蜘蛛の糸を垂らしてやります。蜘蛛の糸に気づいたカンダタは、好機と思い、蜘蛛の糸をよじ登って極楽を目指します。しかし、ほかの罪人たちも蜘蛛の糸をよじ登ってくることに気づきます。

糸が切れることを恐れ、カンダタが下の罪人たちへ向かって、「糸は自分だけのものだから下りろ」と叫んだ途端に糸が切れ、カンダタは地獄に落ちてしまいました。

1 2 3