『坊っちゃん』の読書感想文を書く!上手に書くポイントとは?

子供に与えられる課題の中で、敬遠されがちなのは読書感想文ではないでしょうか? 夏休みなどの場合は、最後まで読書感想文が終わらないなんていうことも少なくありません。

参考

楽天ブックス、「小学生の夏休みの読書感想文に関する調査」を発表 |PR TIMES

自由図書の場合、本選びは読書感想文を書くにあたっオンライン書店の楽天ブックスが行ったアンケート「小学生の夏休みの読書感想文に関する調査」によると、本を選ぶ・作文の書き方を教えるなどの手伝いをしている親が40%を超えていることが分かりました。(複数回答)

て非常に重要なポイントです。年齢に応じて理解ができる内容のもの、感想文が書けるような内容のものを選ばなくてはいけません。

そこでこの記事では読書感想文の課題図書としても選ばれる夏目漱石の『坊っちゃん』の読書感想文の書き方について、まとめました。子供の感想文が進まないときや、どうアドバイスすれば良いのか分からないといったときに、ぜひ参考にしてください。

読書感想文を書く前に『坊っちゃん』をまとめよう

坊っちゃんは夏目漱石の不朽の名作です。学生時代に読んだことがあるという親御さんも多いかと思いますが、いきなり感想文を書くのではなく、まず始めに『坊っちゃん』がどのようなお話だったのかをまとめてみましょう。

あらすじ

created by Rinker
¥334 (2019/08/23 03:57:53時点 Amazon調べ-詳細)

主人公の坊っちゃんは生まれつき乱暴でいたずらが過ぎることから、両親にかわいがられませんでした。そんな坊っちゃんを温かく見守り、支えてくれたのが女中の清。両親を亡くした坊っちゃんは成長し、清と離れて四国の中学校に教師として赴任します。

しかし、一本気で無鉄砲に育ってきた坊っちゃんにとって、四国という田舎での生活は非常に不満が多く、同僚教師とも衝突します。さまざまなトラブルに遭う坊っちゃんですが、最後は同僚の婚約者を奪おうとした教頭「赤シャツ」に制裁を下します。

このことで嫌気がさしてしまった坊っちゃんは四国を去り、東京で清と一緒に暮らします。東京では教師ではなく鉄道の技手として働く……。これが坊っちゃんの簡単なあらすじです。

登場人物

坊っちゃんの主な登場人物は以下の7人です。

  1. 主人公(坊っちゃん)
  2. 赤シャツ
  3. 野だいこ
  4. 山嵐
  5. うらなり君
  6. マドンナ

この中でも「マドンナ」は存在として登場しているだけで、一切せりふや坊っちゃんとの接触はありません。そのため押さえておきたい登場人物は主人公からうらなり君までの6人といえるでしょう。

登場人物 主人公との関係 描かれている人物像
坊っちゃん
  • 竹を割ったような性格
  • 癇癪(かんしゃく)が強い
  • 一本気で正義感が強い
  • 喧嘩っ早い
坊っちゃんの家で働く女中
  • 常に坊っちゃんのことを案じる
赤シャツ 赴任した中学の教頭
  • 陰湿な性格
  • 人の好き嫌いが激しい
  • 他人の許嫁を略奪しようとするようなずる賢さがある
野だいこ 赴任した中学の美術教師
  • 赤シャツの腰ぎんちゃく
  • 長い物に巻かれる気弱な性格
山嵐 赴任した中学の数学教師
  • 生徒からの信頼が厚い教師
  • 正義感が強く誠実な性格
  • 坊っちゃんと意気投合する
うらなり君 赴任した中学の英語教師
  • 「人格者」と坊っちゃんが尊敬している
  • お人好しで消極的な性格
  • 赤シャツに許嫁を奪われそうになる張本人

参考

坊っちゃんの詳しいあらすじ&読書感想文のポイント|35歳女性の関心事

1 2 3