【公立・私立幼稚園】学費はどれくらいかかる?無償化でどう変わる?

公立か私立、子供をどちらの幼稚園に通わせるか迷っている親御さんは多いでしょう。幼稚園の評判はもちろんのこと、費用がどれくらいかかるかも気になるところです。この記事では、学費が公立と私立幼稚園ではどれくらい違うのかを表にまとめて詳しく解説していきます。

記事の後半では、2019年10月からスタートする幼児教育無償化で学費はどれくらい安くなるか、また幼稚園の学費以外の出費についても解説していきます。

幼稚園で毎月どれくらいの費用がかかるか事前に確認し、気持ちよく幼稚園生活をスタートさせましょう。

幼稚園の学費は公立・私立でどれくらい違う?

公立にするか私立にするか悩んでいるとき、学費も一つの参考材料になるのではないでしょうか。一般的に、私立幼稚園の1年間の学費は公立幼稚園に比べて高いと言われています。では、実際どれくらい高いのでしょうか。教育費・給食費・課外活動費の3つの分野に分けてご紹介します。

学費は約2倍違う!公立・私立別の総額まとめ

平成29年12月22日に文部科学省が公表した学習費調査を元に、下記表に幼稚園の1年間の学習費をまとめました。

幼稚園 教育費(円) 給食費(円) 課外活動(円) 合計(円)
公立 120,546 20,418 92,983 233,947
私立 318,763 29,924 13,3705 482,392

参考

平成28年度子供の学習費用調査の結果について|文部科学省.P2

1年間の学費は私立幼稚園が約48万円、公立幼稚園が約23万円かかります。毎月の出費として計算すると、私立では毎月4万円、公立では毎月2万円学費を払っている計算になります。幼稚園の学費は住んでいる地域によって大きく差が出るので、この表はあくまで目安程度にしてください。

入園時には入園料が必要

幼稚園に入園するときは、学費とは別に入園料が必要です。公立・私立・住んでいる地域によって金額は変わりますが、下記表におおよその金額をまとめました。

公立幼稚園の入園料 約1~2万円(無料のところもある)
私立幼稚園の入園料 約5~30万円

幼稚園の費用はいくらかかる?入園料や保育料、公立・私立の違いは?|お金のカタチより筆者作成)

詳しく知りたい方は希望する公立・私立幼稚園に問い合わせてみるといいでしょう。私立幼稚園は公立と違い、入園料の相場はかなり大きいことが分かります。