冷やし中華のお弁当が人気!トッピング・持たせるときの注意点とは?

子供の毎日のお弁当は献立に頭を悩ませてしまいます。同じようなものでは飽きられてしまいますし、特に夏の暑い時期のお弁当にはとても気を使います。

お弁当のマンネリを防ぐ救世主……それは冷やし中華です。ちょっとした工夫をすることで、冷やし中華がおいしいお弁当に早変わり。傷みなども気にせずに作ってあげられるメニューなのです。

そこでこの記事では冷やし中華のお弁当についてまとめました。簡単なレシピや注意点なども併せてご紹介しますので、ぜひ夏のお弁当メニューの参考にしてください。

なぜ冷やし中華のお弁当が人気なの?

近年、冷やし中華のお弁当が人気を博しています。冷やし中華をお弁当に……と戸惑う方もいると思いますが、なぜ冷やし中華のお弁当が人気なのでしょうか?

バリエーションが増える

まず最大の理由はバリエーションが増えることです。夏場のお弁当は傷みが気になりますし、子供の好きなおかずばかりではマンネリ化してしまう可能性もあります。冷やし中華という麺類を加えることで、お弁当のバリエーションがぐっと増えるのです。

傷みにくい

夏のお弁当最大の難点はおかずが傷みがちなこと。冷凍食品でも自然解凍できる商品が夏には売れ行きを伸ばします。冷やし中華弁当の場合、タレを冷凍して持たせれば、保冷剤代わりになります。また食べるころにはちょうどよく解凍され、冷たいタレとして麺にかけることができるのです。

主菜・副菜とともにバランスが取れる

冷やし中華は麺だけではなく具材もたくさん使用します。トマト・キュウリ・ハム・焼き豚・錦糸卵などのレギュラーに加え、かいわれ大根・オクラ・みょうが・カニカマなど、アレンジを加えたトッピングもできます。そのためバランス良く野菜・肉などを取ることができるのです。