冷やし中華の時短から気合い入りまでレシピ紹介!タレや献立について ( 2 )

好きな具材を乗せよう!気合いを入れた冷やし中華

タレを頑張って手作りするのもいいですが、具材を変えてみると子供がより喜ぶメニューになるかもしれません。アイデアたっぷりの変わり具材をご紹介します。

マヨネーズをプラス

 

 

冷やし中華というとからしを添える印象が強いですが、子供にはマヨネーズの方が好評かもしれません。野菜が苦手な子供にも食べられそうで、すぐにできるトッピングと言えるでしょう。

錦糸卵にゆで卵をプラス

https://www.instagram.com/p/BwmZ638A7HN/

錦糸卵だけでなく、ゆで卵や味付卵をトッピングするのも人気です。卵のそれぞれ違った食感が楽しめますし、ゆで卵があると中華麺という印象がより強まります。

卵黄には「コリン」という成分が含まれており、この成分は脳を活性化するため、記憶力アップに役立つと言われています。また卵は完全栄養食品とも呼ばれるほど、ビタミンもミネラルも豊富に含まれています♪副菜には生姜納豆ダレサラダを。納豆のネバネバ成分はムチンと呼ばれる成分で、これは粘膜を保護する役割があるので、胃腸炎の予防や、風邪予防などに役立ちます。また水溶性食物繊維にもなるので、便秘解消にも◎。

(引用元:これからの季節に食べたくなる!「冷やし中華」 6提案|楽天レシピ

卵は栄養豊富ですが、意識しないとなかなか毎日の食卓に上らないものです。同サイトでは、この機会に摂取するようすすめていました。

ヤングコーンやカニなどの中華食材も相性良し

 

https://www.instagram.com/p/BoBsRn-FMSv/

 

一見意外な印象ですが、ヤングコーンやカニの缶詰めなどといった中華でよく使われる食材も相性良くトッピングできます。見た目も豪華になりますし、タンパク質を多めに取りたいとき、野菜がほしいときなど、そのときに合わせて具材を変えてみることができるのが冷やし中華の魅力です。