そうめんが消化にいいって本当?夜食におすすめ胃に優しいレシピも

暑い夏の時期は夏バテで食欲不振に陥ったりしやすいですよね。そんな時は消化の良い夏の定番メニュー、「そうめん」はいかがでしょうか。食べやすく、早く消化されやすいので夜食などにもおすすめです。今回は「そうめん」の消化に関する話と、おすすめのレシピをご紹介します。

そうめんが消化によいとされる理由

そうめんが消化によいとされる根拠には、どのようなものがあるのでしょうか。医師や管理栄養士など、専門家の意見を中心にまとめました。

消化にかかる時間はおよそ3時間?比較的短い

食べ物が胃にとどまる時間は、炭水化物、たんぱく質、脂肪の順に長くなります。消化にかかる時間が短いほど胃への負担が軽くなりますから、炭水化物は消化しやすいと考えらえます。

100gのそうめんの消化時間を3時間半程度としているサイトもありますが、管理栄養士は胃への停留時間を下記のようにしています。

【食品や料理が胃の中にとどまる時間(胃内滞留時間)の目安】

胃内停留時間 食品・料理
1時間30分 半熟卵2個
1時間45分 りんご1/2個、水300ml
2時間 白がゆ100g、牛乳100ml
2時間15分 そうめん2束、米飯100g、みかん1個
2時間45分 うどん100g、米飯150g、鯛(刺身)100g
3時間15分 アイスクリーム100g、ゆで卵2個
12時間 バター50g

参考

介護・栄養と食事のコラム  第30回 胃にやさしい食事| e健康ショップ

このことから、そうめんはおよそ3時間で消化すると考えられ、うどんよりも消化によい食べ物といえるでしょう。

柔らかく、脂肪が控えめ

消化しやすい食品は「柔らかく、脂肪が控えめ」であるものとされています。そうめんはどちらの特徴も満たしています。

薄味で刺激が強くない

カレー粉やからしなどの刺激物や濃い味付けの料理は、胃腸を刺激して消化液の分泌を促進させる機能があります。一方、過度の刺激は過剰分泌を招き、消化酵素を分泌するすい臓の働きを低下させます。したがって消化不良が起こりやすくなります。元気なときは多少の刺激物は消化を助けてくれるものですが、胃が疲れているときには、できるだけ薄味で刺激が強くないものを選びましょう。

医師が選ぶ消化のよい食品にラインアップされている

医師が消化のよい食べ物のひとつに挙げているのが、そうめんです。手術の前後や検査前など、胃を休める必要がある場面では、消化の良さが求められます。その観点からもそうめんは推奨されているようです。