キムチとそうめんは相性抜群!夏休みのランチにおすすめのレシピ

そうめんは夏休みのランチに欠かせない食材です。ただし、レパートリーを増やさないと子供に飽きられてしまうことも少なくありません。手間暇をかけずにちょっとしたアレンジでそうめんが劇的においしくなる……そんな食材があればぜひ試してみたいと思いませんか?

この記事ではそうめんと相性抜群のキムチにスポットを当てて、子供にも喜ばれる簡単レシピをご紹介します。キムチの他にも「ちょい足し」するだけでアレンジになる食材もありますので、ぜひ参考にしてください。

そうめんのマンネリが子供に飽きられる?

そうめんをゆでてめんつゆで食べる……王道の食べ方ではありますが、この食べ方だけでは子供は飽きてしまいます。

夏休みの昼食は悩みの種

クックパッド株式会社が行った休日のランチに関するアンケートで、興味深い結果が報告されています。

  • 子どもの長期休みに困ることとして、高校生までの子どもを持つ親の約8割が「昼食の準備」と回答。
  • 休日のランチについて「いつも同じようなメニューになってしまう」との声が約6割。
  • 休日のランチに重視していることは「簡単につくれること」と解答した人が7割強。

参考
クックパッド、休日のランチに関するアンケートを実施 子どもの長期休みに「昼食の準備」に悩む人が約8割〜パパッと作れて家族みんなが満足できる「肉めん」レシピの活用広がる〜 |クックパッド株式会社

簡単に作りたいけれど同じようなメニューになってしまう、昼食の準備そのものを大変だと感じている人が多いことが分かります。

そうめんの出番が少ないのは“マンネリ”が原因

たまひよが会員向けに行った「夏の定番!そうめん、どう食べる?」というアンケートには

「自分は週4でもいいくらいだけど、あまりに頻繁に出したら『もう飽きた~』のクレームがきたのでほどほどに」

(引用元:アレンジいっぱい!夏の定番そうめん、どう食べる?【5796人ママ調査】|たまひよ

という声が届いています。調査結果では2週間に1回くらいと答えた人が一番多く、思ったよりもそうめんの出番が少ないことが報告されています。

この原因としては、やはり回数を多くすれば飽きられてしまう率も高くなり、アレンジに頭を悩ませるのも大変だという現実があると考えられます。