【絶対音感】絶対音感を持っている人の特徴とは? ( 2 )

絶対音感を持っている人の特徴

それでは絶対音感を持っている人はどのような特徴持っているのでしょうか。もしかしたら自分の子供が絶対音感を持っているという可能性も十分あります。

下記のような特徴があったら絶対音感の可能性もあるのでぜひチェックしましょう。

音が気になり疲れやすい

絶対音感の持っている人はすべての音が音階に聞こえるという事から、普段から聞いているちょっとしたメロディーや音にも敏感になってしまいます。

普段生活している上で何気ないメロディーも彼にとっては音楽として反応してしまいます。私たちはたくさんのメロディーの中で生きているため、絶対音感の持ち主にとっては常に音階と接しているという状況になります。

そんなメロディーに加えて、周りの雑音も加わってしまえば絶対音感を持っている人にとってとても疲れる環境となってしまいます。

そのため、優れている能力と言ってもマイナスに捉えている人も多い様です。

生活音が気になりやすい

絶対音感を持っていれば、日常生活の音も「ドレミ」で聞こえてきます。すべての音源が音階で聞こえてしまうので、そこに気を取られてしてしまい疲れたり、なかなか集中ができなかったりということもあり得ます。

普通の人なら洗濯機の音や時計の音などはあまり自分と関わりがないため、聞き流すことが可能ですが、絶対音感の持ち主はそういった音でさえも音階で聞こえてくるため、聞き流すことができません。

絶対音感を持っていない人にとってはあまり分からない世界観かもしれませんが、絶対音感を持っている人はそれなりに苦労もしているのです。

どんな曲も演奏できる

絶対音感はすべての音の音程が即座に理解できるということから楽譜がなくても、聴いた音楽を正しい音程の高さで記憶して演奏したりすることができます。

仮に楽譜があったとしても絶対音感のある人より早く楽曲を正確に記憶することができます。音楽活動の全ての領域で大きな力を発揮するための能力と言えるでしょう。