赤ちゃんの身長は成長曲線から考える!心配な低身長と原因とは

子供は乳幼児の数年間で大きく成長します。毎日どんどん、背丈や体のパーツが大きくなっている気がする一方で、ほかの子供と比べると、成長の度合いの違いが気にかかってしまうことも少なくないでしょう。特に身長が低い子供は、見た目でパッと分かりやすい分、心配になる親も多いのではないでしょうか。赤ちゃんの身長を考えるとき何を目安にするべきなのか、また、受診を検討したほうがいいケースについて解説します。

赤ちゃんの身長は「成長曲線」をもとに考えよう

同月齢のほかの子供と比較したときに我が子の身長が低かったりすると、親としては心配になるものです。まずは、子供の身長には大きくばらつきがあることを知っておきましょう。その上で発育の目安となる「成長曲線」を見ると、きちんと身長が伸びているかどうかをチェックすることができます。

成長曲線とは

「成長曲線」とは、子供の身長・体重の変化をグラフに落としたものです。横軸が時間、縦軸が身長・体重を示しています。

成長曲線は医療関係者が使う用語です。厚生労働省・文部科学省は「発育曲線」と呼びますが、どちらも同じものを指します。

(出典:乳幼児身体発育調査:調査の結果 平成22年 | 厚生労働省 3ページ

上のグラフは厚生労働省の調査結果に基づく成長曲線です。複数の曲線が描かれているのが分かります。これは全国の子供の身長・体重の振れ幅を示すものです。この成長曲線グラフは母子手帳にも記載されていますので、確認してみてください。まずはこの曲線の見方について解説します。

図の右側に書かれている「パーセンタイル」とは、パーセントとは違った方法でデータを扱う方法です。まず、調査で分かった全国の子供の身長を小さい順に並べます。それを100個に区切り、区切られた1つの集団を小さい方から順に「1〜100パーセンタイル」と呼ぶのです。

成長曲線のグラフでは、1番下の曲線が「3パーセンタイル」、1番上が「97パーセンタイル」になっています。3パーセンタイルの曲線は、全国で小さい方から100分の3番目の集団にいる子供の成長曲線です。同様に、97パーセンタイルは全国で小さい方から100分の97番目の集団にいる子供の成長曲線ということになります。

つまり、全国の子供のうち、もっとも身長の低い2パーセンタイルの子供と、もっとも身長の高い2パーセンタイルの子供の数値を除いたのが上記のグラフとなります。上と下を比べると数センチの差があるものの、おおむね同じような曲線を描きながら成長しているということが分かります。

参考

成長曲線とは?|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室

1 2 3