相性抜群!そうめんとなすを使ったおすすめレシピ7選! ( 2 )

なす×そうめんのレシピ7選

食欲が落ちているときでも食べやすく、1年を通して食べることができる、なすとそうめんのレシピを紹介します。郷土料理のなすそうめんや、なすとそうめんを使ったアレンジなど、おすすめレシピを7つご紹介します。

郷土料理「なすそうめん」

まずは、定番のなすそうめんのレシピをご紹介します。家庭によってはなすの調理法に違いがあり、なすを揚げずに煮たり、なすとそうめんを別々に盛り付けることもあるようです。ここでは、石川県の加賀地方に伝わる基本レシピを紹介します。

材料

なす    4本

そうめん 4束

< だし汁 >

アルカリイオンの水         500cc

かつお節 20g

しょうゆ 大さじ3

みりん 大さじ4

砂糖    大さじ1

しょうがのすりおろし     適量

わけぎの小口切り 適量

サラダ油 適量

下ごしらえ

  • そうめんは沸騰した湯で固めにゆで、冷水に取りぬめりを取っておく。
  • 鍋にアルカリイオンの水を沸騰させ、かつお節を 加え、火を止める。かつお節が沈んだらザルでこし 、だし汁をつくっておく。

作り方

1)なすは縦半分に切り、皮のほうに斜めに切れ目を入れ、水気をよくふき取り160℃に熱したサラダ油で両面を30秒~1分ずつ素揚げし、網に取り余分な油をきる。

2)だし汁を鍋に入れ、ひと煮たちさせ、しょうゆ、みりん、砂糖を加え弱火にし、{1}のなすを加え、落しぶたをして5分煮る。

3){2}にゆでたそうめんを加え強火にし、煮立った らすぐ火を止める。

4)器に盛り、小口切りにしたわけぎとしょうが のすりおろしをのせる。

(引用元:石川県 なすそうめん|アルカリキッチン|キリン アルカリイオンの水

なすとそうめんの味噌汁

なすの味噌汁を作る方は多いかと思いますが、味噌汁の具としてそうめんを加えるだけで、ボリューム満点のなすとそうめんの味噌汁が完成します。あらかじめ、なすはヘタを切って短冊切りにし、水にさらしておくようにしましょう。だしと水気を切ったなすを煮込み、なすがしんなりしてきたら、そうめんを加えるタイミングです。そうめんは半分に切って火を通しやすくするのがいいでしょう。

乾麺には塩分が含まれているため、味噌の量を調整しながら作るようにしましょう。生麺を使用する場合は、茹(ゆ)で時間が短くて済みます。なす以外にもお好みでネギなどのトッピングを加えれば、なすそうめんの味噌汁の完成です。そうめんに火が通ればすぐ完成し、時短で作ることができるおすすめレシピです。

なすとそうめんの煮物

だしがたっぷりと染み込んだなすは、おいしさも倍増することでしょう。そこでおすすめなのが、なすとそうめんの煮物です。煮込むだけなので、簡単に作ることができます。レシピは以下の通りです。

材料(4人分)

なす6個(300g)

そうめん 1束

「ほんだし」小さじ2

A水    2カップ

Aうす口しょうゆ 大さじ3

A酒    大さじ2

Aみりん 大さじ1・1/2

B水    1カップ

B「ほんだし」 小さじ1

1なすはヘタを切り落としタテ半分に切り、皮に斜めの浅い切り込みを入れて

水につけておく。

2鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんを表示通りにゆでる。

3鍋に「ほんだし」、Aを入れて火にかける。(1)を加え、やわらかくなるまで

20分ほど煮て、取り出しておく。

4Bを合わせ、(3)の煮汁に適量加えて、味を調え、(2)のそうめんを煮る。

5器になすとそうめんを盛り、(4)の煮汁をかける。

(引用元:茄子と素麺の煮物のレシピ・作り方|なすやそうめんを使った料理|味の素パークの【レシピ大百科】

だしは市販のだしを使うと、簡単に作ることができます。煮物感覚で食べるなすとそうめんを、ぜひ試してみてください。

麻婆なすをたっぷりかけたそうめん

なすの代表料理といえば、麻婆なすをイメージする方も多いかもしれません。麻婆なすは白いご飯と一緒に食べるのもいいですが、麻婆なすをたっぷりかけたそうめんも味は絶品です。そうめんは茹でて冷水で洗い、水気を切って皿へ盛り付けます。そうめんの上に麻婆なすをかけ、お好みでネギやトマトなどのトッピングも加えてみましょう。特に食欲の落ちる夏場は、辛い料理を食べると代謝の促進や食欲増加の効果が期待できます。