扇風機を涼しく使う方法は?濡れタオルや氷を活用しよう! ( 3 )

熱中症対策のできるおすすめのグッズ

熱中症対策には濡れタオルのほかにも便利なグッズが販売されています。ここでは手軽に使うことができるおすすめのグッズを3つご紹介します。

首もと氷ベルト

熱中症の予防には首もと・脇・鼠蹊部(そけいぶ)など、体の太い血管が通っているところを冷やすのが効果的です。脇や鼠蹊部を冷やすことはなかなか難しいので、首もとを冷やしてあげましょう。ジェルパックを冷凍庫で凍らせて水に浸したカバーに入れ、首に巻くだけの簡単なグッズです。濡れタオルの原理を生かして使えるので、省エネにもおすすめです。

USB充電式携帯扇風機

EasyAcc 携帯扇風機 2600ma ポータブル 手持ちミニ 小型 扇風機 usb充電式 バッテリー電池付き 風量3段階調節 6羽根 折り畳み式 卓上 置き両用 アウトドア 10時間連続使用 18ヶ月保証
EasyAcc

持ち運びのできる扇風機があれば、どこでも涼しさを感じることができます。この携帯扇風機は充電式なので、持ち運ぶことができる優れものの扇風機です。持ち手を曲げれば卓上式になるのも嬉しいです。4~5時間でフル充電ができ、フル充電の状態で3~10時間使用することができます。アダプターを使ってもUSBケーブルを使っても充電が可能なので、充電器を探すストレスもありません。

クールコアタオル

created by Rinker
スーパークーリングタオル (SUPER COOLING TOWEL)

濡らして絞って首に巻くだけでひんやり感が得られるタオルです。サイズは横110cmの縦30cmと少々大きめ。ポリエステル100%の抗菌仕様のため衛生的に使用することができ、繰り返しの洗濯もOKです。運動をするときや屋外での作業時だけではなく、暑い室内でも重宝します。吸収・保水・蒸発の異なる3つの役割を兼ね備えた機能的なタオルです。

まとめ

扇風機はエアコンに比べると実に経済的に使うことができる電化製品です。ただし近年の日本の暑さには、扇風機だけでは太刀打ちできないことも事実です。扇風機のメカニズムをしっかりと理解して、濡れタオルや熱中症の予防グッズなどを併用することで快適に夏を過ごすことができます。ぜひできるものから試してみてください。

参考
熱中症対策は扇風機を涼しく工夫!エアコンがない時の必殺技を紹介!|いちにのさんし!
たのしく、かしこく 暮らしの省エネみーつけた!|関西電力
ミニ扇風機+濡れタオルで-6度!フェスに屋外作業に熱中症対策は重要ですよ|&GP
扇風機の風を冷たくする方法 濡れタオルは効果ある?保冷剤は?|くららく
クーラーを使わずに涼しくなる方法【暑さ対策】|NAVERまとめ
暑すぎる!熱中症対策グッズでおすすめはこれ!夏本番前にそろえたいグッズランキングTOP10|暮らしラク
脱水、熱中症予防にも!手軽にできる子どもの発汗対策 ズボラ健康法|サワイ健康推進課
熱中症対策グッズのおすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】|mybest
熱中症対策こんな方法も 携帯用扇風機×濡れタオルで体を冷やす|J-CASTトレンド

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)