遺伝と顔の関係とは?遺伝しやすい顔のパーツ8つをご紹介

遺伝は顔の形成にどこまで影響するか知っていますか?
現在では、遺伝と顔の関係性について多くの研究がされており、それによって解明されていることも多くあります。今回は、そんな遺伝と顔の関係性について具体的に説明し、遺伝しやすい顔のパーツについてご紹介していきます。

遺伝と顔の関係

ここでは、遺伝と顔の関係について詳しく説明していきます。

父親似、母親似に科学的根拠はない

「この子はどこからどう見ても父親似だわ」「この子は母親に顔がそっくりね」という会話はよく見られることですが、「父親似であること」「母親似であること」の科学的根拠はないと言われています。顔や体型などを形成する役割を持つ遺伝子は、親である父や母の遺伝子の50パーセントずつを子供に受け継いでおり、子供が、父や母のどちらか一方に似ていることに科学的根拠はありません。よく言われるような、「父や母のどちらかにとても似ている」「そっくりである」などといったことは、偶然がもたらした結果であると言えるでしょう。

優性遺伝について

遺伝と顔の関係性を説明する際に欠かすことのできないのが、優性遺伝です。優性遺伝とは、異なる遺伝子のうち、どちらかの一方の遺伝子の形成が表立って現れることをさします。例えば、一重まぶたと二重まぶたでは、二重のほうが優性であることから、一重まぶたと二重まぶたの遺伝子を持つ子供の場合、二重のほうが遺伝しやすいということになります。