子供の偏食を治すために家庭で実践したい3つのこと

最近では、子供の偏食に悩む家庭も多く、どのようにしたら子供の偏食がなくなるのか、具体的な方法を知りたいと思う方も多くいます。子供の偏食には、家庭での取り組みが大きく影響するもの。その取り組みによって、子供の食生活は変わっていくのです。

今回は、そんな悩みに答えるべく、家庭で実践したいことをご紹介します。

子供の偏食とは?

ここでは、子供の偏食について具体的に説明していきます。

特定の物だけをより好んで食べる偏食

偏食とは、食事や栄養素に偏りがある状態のことをさします。子供はとりわけ特定のものだけをより好んで食べると言われています。子供の偏食にはさまざまな要因があると言われていますが、最近では、野菜嫌いの子供も増えています。偏食が進むと栄養をバランス良く、しっかり摂取できなくなってしまいます。理想的な食事から離れていくと、健康面がますます心配され、子供の偏食は、健康面の懸念材料となっていくでしょう。

参考
幼稚園児の偏食と家庭・幼稚園における食育に関する研究 木田春代
服部幸應(2018年6月)『服部幸應の食育読本』シーアンドアール研究社
厚生労働省「食を通じた子どもの健全育成のあり方に関する検討会」報告書について

偏食の子供が増加している

近年では、偏食の子供が増加しています。さまざまな物にあふれ、食にも困ることのない日本では、食を自分自身で選べる環境にあります。そんな環境にある時代だからこそ、子供の口にするものには特に気を遣いできることから取り組み、偏食を治していく必要があると言えるでしょう。

参考
幼稚園児の偏食と家庭・幼稚園における食育に関する研究 木田春代
服部幸應(2018年6月)『服部幸應の食育読本』シーアンドアール研究社
厚生労働省「食を通じた子どもの健全育成のあり方に関する検討会」報告書について