水遊びができる東京の公園10選!気軽に水遊びしたい方も本格派も

プールに行く準備は大変なものですが、足元だけじゃぶじゃぶと楽しめる水遊びであれば、気軽に出かけることができます。また、水遊びスポットは公園施設内にあることが多いので、場所によっては一日遊ぶこともできます。

今回の記事では、子供が楽しめる「じゃぶじゃぶ池」など、東京都内で水遊びできるスポットをご紹介します。

本格的な水遊びができるスポット5選

まずは大きな滝やウォータースライダーなどを設けた水遊びスポットを5つご紹介します。どこも大きな公園ですから、一日中遊ぶことができます。

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園は、スポーツのほかに花や自然を見て楽しむこともできる総合公園。クラフト教室や茶つみ、うどん作りなど体験教室が充実していることでも有名です。

そんな国営昭和記念公園には、東京ドームの1.4倍の面積を誇るレインボープールがあります。レインボープールの隣に、水深30cm以下のじゃぶじゃぶ池が併設されています。小さな子供でも遊ぶことが可能で、レインボープールが営業していない時期は無料で利用できます。

住所 東京都立川市緑町3173
電話 042-528-1751
営業期間 無料期間 4/27~6/23、9/14~9/29

有料期間 7/13~9/1

入園料 大人450円

小中学生0円

シルバー(65歳以上)210円

(参照元:水あそび広場|国営昭和記念公園

江戸川区総合レクリエーション公園

江戸川区総合レクリエーション公園は、西葛西駅前から東西約3kmにわたる広さを持つ総合公園です。公園内には、幼児が遊べるこども広場や、アスレチックもある富士公園、野球場や各種スポーツ施設があります。

滝のように水が放水されている虹の広場の壁は長さが約50mもあります。放水される水の周りがじゃぶじゃぶ池になっており、水遊びをすることができます。また、滝の前にある半球体のオブジェからも水が湧き上がっており、そこで裸足になって遊ぶことができます。

住所 東京都江戸川区南葛西6-23
電話 03-3675-5030
営業期間 特になし
入園料 無料

(参照元:虹の広場|江戸川区総合レクリエーション公園

小松川境川親水公園

小松川境川親水公園は、その名前の通り水に親しむことができる公園で、川沿いに設けられた公園です。

公園内は大きく5つのゾーンに分かれており、滝をはじめ、せせらぎ、水しぶき、飛び石、釣り橋・冒険船を設けました。無料のシャワーもあるので、水遊びの後はシャワーでさっぱりすることもできます。また、公園内には遊具やアスレチック、売店もあるので一日中過ごせるでしょう。

住所 東京都江戸川区中央四丁目・本一色一丁目から西小松川町
電話 03-3652-1151(江戸川区役所代表電話)
営業期間 特になし
入園料 無料

(参照元:小松川境川親水公園|江戸川区ホームページ