徹底調査!「令和」に対する皆の反応はどうだった?

5月1日、いよいよ新元号「令和」の時代が幕を開けました。4月の新元号発表直後は、多様な感想が出てきました。今回の記事では、新元号について、国内外における評判をご紹介します。

令和に対する皆の反応は?

世間は「令和」に対してどのような反応を示したのか、ここではTwitterのコメントを中心にご紹介していきます。

世間は好意的な意見が多い

政府が新元号を発表してからさまざまな感想がTwitterに寄せられました。日本経済新聞によると「令和」が発表されてから、実に1時間以内に100万件のツイートが寄せられ、そのツイートの大半は好意的な反応を示す単語と一緒だったようです。
もちろん、好意的な意見ばかりではありませんが、新元号への評価は高かったといえるでしょう。それでは、具体的にどのようなツイートがあったのか見てみましょう。

参考
「令和」ネットで好意的反応 つぶやき1時間で100万件 | 日本経済新聞

きれいな日本語である

まずご紹介したいのが、「令和」の言葉や響きが美しいというツイートです。

そもそも「令和」とはどのような意味を持つのかご存じでしょうか。「令」という漢字は「命令」など「指示」の意味合いを連想するかもしれませんが、「令」には「美しい」という意味もあります。「令和」とは「美しい調和」を意味する、とてもきれいな言葉でもあります。
また、日本語には昔「ら行」の言葉が少なく、「ら行」で始まるものは外来語に多いそうです。そのため、ら行で始まる新元号に、古風でありながらもどこか新しさを感じた人が多いのかもしれません。

参考
「令和」の意味「命令」はNO! 海外報道で外務省奔走 | 日本経済新聞
新元号「令和」は、なぜ格好いいと感じるの? 日本語学者による納得感ある分析 | Buzz Feed News

新元号の由来が万葉集であることは歴史的に意味がある

新元号は万葉集を由来としています。この点を評価したツイートもありました。

「令和」は日本最古の元号とされる「大化」から数えて248個目の元号です。これだけの元号がありながら、今までの元号は中国の古典を由来とするもので、日本の古典を由来とする元号は今回が初めて。「令和」は歴史的にも、とても大きな意味を持つ元号であるというわけです。

参考
新元号は「令和」と発表 日本の古典「万葉集」から初引用 | FNNプライム

他の案よりも令和が良い

「令和」は「英弘(えいこう)」、「久化(きゅうか)」、「広至(こうし)」、「万和(ばんな)」、「万保(ばんぽう)」という案から検討の末、選ばれた新元号です。新元号に対するツイートを見ると、他の案と比較するとやはり「令和」が良かったという意見もありました。

参考
「英弘」「広至」「万和」「万保」など候補 | 日本経済新聞