芸術的アプローチで好奇心を育む!レッジョ・エミリア教育とは?

芸術的アプローチで好奇心を育む!レッジョ・エミリア教育とは?

創造性、主体性、共同性が育つ教育方法として、現在世界中で大きな注目を浴びているレッジョ・エミリア教育。その独特な教育アプローチについては世界各地の教育者も、興味をもち積極的にその方法を取り入れようとしています。キーワードは「芸術」。さまざまなアプローチ法についての説明とその教育で育つ能力について、ご紹介していきます。

レッジョ・エミリア教育とは

一般的に教育法には考案者の名が付くことが多いのですが、この教育にはイタリア北部の小さな町の名前が付いています。なぜ町の名前が付いているのでしょうか。第二次世界大戦後、イタリアで初めての公立幼稚園が作られましたが、その設立資金は村の農民達が軍事用車両を売って工面したものでした。幼稚園設立によって子供への教育の関心は高まり、その後の教育革新を推し進めることになる人物ローリス・マラグッツィが現れます。彼は子供の個性を最大限に伸ばす教育法を説き、その理念をつづった自作の詩『子供達の100言葉』を手に幼児教育を改革してきました。

マラグッツィによって作られた教育システムは高く評価され、幼稚園は1991年アメリカのニューズウィーク誌で「世界で最も優れた10の学校」に選ばれます。教育法の礎となった彼の『子供達の100言葉』は教育に携わるものの唯一の教科書として今も大切にされています。下記にその一部を抜粋したものをご紹介します。

『冗談じゃない。百のものはここにある』

子供は
百のもので作られている。
子供は
百の言葉を
百の手を
百の考えを
遊んだり話したりする
百の考え方を
愛することの驚きを
いつも百通りに聴き分ける百のものを
歌ったり理解する
百の楽しみを
発見する
百の世界を
夢見る
百の世界を持っている。
……

(一部抜粋)

引用元:『冗談じゃない。百のものはここにある』(『子供たちの100の言葉 レッジョ・エミリアの幼児教育』より 著者:ローリス・マラグッツィ 翻訳:佐藤 学 世織書房)

この詩の中に「芸術的な創造体験を通して子供の個性と才能を引き出す」、「個人の発達時期に合わせ、個性に合った方法で学習させる」、「子供の個性を大事にして尊重する」といった教育法の理念が読み取れます。この教育の信念に基づき「自主性と協調性を育むアプローチ」、「創造性を育むアプローチ」、「共同性を育むアプローチ」の3つの働きかけを使った教育法について詳しくご紹介します。

自主性と協調性を育むアプローチ

このアプローチでは、子供が中心となり少人数のグループを作り、1つのテーマに沿って深めていくプロジェクト活動を通して、主体性、協調性の成長を目指します。

プロジェクト活動

身近で起こった出来事や体験をもとにテーマを決め、数日から数ヶ月という長い時間をかけて活動します。活動内容はテーマの立案から作業の進め方まで子供たちだけで決め、教師は見守ることに徹します。自主的に動くことの大切さや共同で作業することの重要さを知り、活動を通してそれらの力を養います。

少人数制

2~5人で1つのグループを作り、テーマに沿って活動していきます。少人数なので1人の思いや考えが反映されやすい反面、みんなが協力し合わないと前進しません。この経験で自己主張の方法や仲間と力を合わせる重要性を学びます。

創造性を育むアプローチ

「アトリエリスタ」、「ペタゴジスタ」といった専門家による質の高い助言を受けながら、アトリエで自由な表現活動をおこない創造する力をつけます。

アトリエリスタとペタゴジスタ

1クラスはおよそ20人の子供たちと2人の教師で構成され、教師は指導する立場ではなく、子供を観察する役目を担います。そこへ「ペタゴジスタ」と呼ばれる教育専門家と「アトリエリスタ」という美術専門家が配備されます。ペタゴジスタ、アトリエリスタというプロフェッショナルが子供たちの活動を助け、より良い創造活動が行えるようにします。

ピアッツァ(広場)やアトリエ(空間)

ピアッツァ(広場)を中心として作られた施設には、複数の教室とアトリエが配置され、子供がいつでも自由な創造活動ができるように環境が整えられています。

潤沢に用意されたコンピュータは自由に触れることができ、OHPを使って影絵遊びをすることも可能です。楽器が好きな子はドラムを叩き、ダンスが好きな子はその音で踊ります。また、貝殻、砂、木の実など多種多様な自然素材や廃品を利用した電機部品などが各場所に用意され、子供はそれを使って思い思いの表現を楽しみます。

共同性を育むアプローチ

教師や保護者とともに学ぶことで、さまざまな思いや考えをもつ人たちと、同じ目標に向かって協力し合う力を養います。

ドキュメンテーション

子供の活動風景や討論の様子を教師が事細かに記録していく取り組みです。カメラやビデオカメラなどあらゆる撮影機器やメモを使って、子供の活動をさまざまな角度から写し取り、大切な情報として残します。子供が自らの活動を客観的に見ることは次の学びへとつながるばかりでなく、ともに活動したもの同士が、思い出を共有する機会にもなります。

これらの記録はその後、パネルに作り変えられ、目立つ場所に提示されるので、それを見た子供によって新たな取り組みにつながる場合もあります。また、この記録は教師にとっての研究資料になるほか、保護者に子供たちの活動の様子を伝えるための最適な資料にもなります。

子供と教師と保護者の関係性

子供を個人として扱い意思を尊重する教育理念に従い、教師や保護者が子供を先導するのではなく対等な関係をもち、学びの共同体となることを目的にしています。

まとめ:子供の感性を広げよう

レッジョ・エミリア教育ではさまざまなアプローチを使って子供の感性を広げていますが、どれもコミュニケーションを必要とし、そこから次のステップにつながっています。子供の感性を大事にするレッジョ・エミリア教育を実践している学校は、未就学児を対象にしたものが多いですが日本にもあります。興味を持った方はぜひ子供と一緒に見学に行ってみましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部