イエナプラン教育とは?オランダを変えた個別教育の特徴について解説

子育てにも取り入れたい!”考える力”を育むイエナプラン教育とは

みなさんは「イエナプラン」という教育法を知っていますか? 実はイエナプランはオランダを変えた教育法と言われています。

当記事では、イエナプラン教育とはどのような教育法なのか、どのような特徴があるのかなど、イエナプランについてわかりやすく解説していきます。

イエナプラン教育とは?

イエナプラン教育とは、オルタナティブ教育の1つであり、現在ではオランダで広く普及している教育法です。イエナプラン教育では個別学習を大事にしており、画一的な教育ではなく1人ひとりの個性や強みが生かされ、弱みを受け入れることを大切にしています。

イエナプラン教育の発祥・生い立ち

イエナプラン教育は、ドイツのペーター・ペーターセン(1884-1952)が、イエナ大学の実験校で取り組んでいた教育手法が始まりです。「イエナプラン教育」という名称は、1926年、スイスのロカルノで開催された新教育フェローシップ(NEF)の第4回国際会議で、イエナ大学での教育実践についてペーターセンが発表した際に、NEFの秘書をしていたクレア・ソパードとドロシー・マシューズが名づけたことに由来しています。

イエナプラン教育の教育思想・理念

イエナプラン教育では、みんなで協働してより良い社会を実現していける大人を育てるという教育思想があります。イエナプラン教育では、自分の弱さを知り、他人の弱さを受け入れ、みんなで積極的に協力しながら目標に向かう姿勢を身につけます。そのため、イエナプラン教育では障害の有無に関わらず、みんなが同じ環境に集まって学びを深めていきます。