フレーベルの教育思想とは?幼稚園が生まれた理由についても解説

世界における幼児教育の父、フレーベルの教育法が興味深い!

幼児期の子どもを対象とした教育法として、『フレーベル教育』というものがあります。実はこのフレーベルは今や全世界にある幼稚園が生まれたもととなっています。

当記事では、幼児期の子どもを持つ親御さん向けに、幼児教育の父とも言われるフレーベルの教育思想についてや、おすすめのフレーベル教育について解説します。

フレーベル教育とは何か?


広い庭に花壇や遊具があり、室内には子供が自由に遊ぶためのさまざまな教育遊具。子供の個性を生かし情操豊かに育てるには環境が重要だと考えたフレーベルは、このような場に子供を集め、「キンダーガーデン」と名付けました。

その後、このフレーベルの考えたキンダーガーデンは幼児教育にふさわしい場として世界各地に広がり、日本においても幼稚園の基礎となって根付いたのです。

フレーベルの考えた理想の教育とは何だったのか、教育者や大人の役割とはどんなものか、幼児期の教育の大切さを世に伝えた彼の功績をみていきましょう。

フレーベルとはどんな人?

1782年、ドイツに生まれたフリードリッヒ・フレーベルは建築家を目指していましたが、途中、模範学校校長であるグルーナに出会い、23歳の時に教師になります。その後、教育の勉強のために訪れた先で教育者ペスタロッチの教育法に触れます。ペスタロッチから大きな影響を受けたフレーベルはそのまま彼のもとに留まり、教育法を学びながら子供についての研究を始めます。

1839年6月1日、フレーベルはブランケンブルクで「幼児教育指導者講習科」を創設します。これらの幼児教育指導者講習生に教育実習させるため、6歳以下の幼児を約40人集め、「遊びと作業の教育所」を付設しました。その後、遊びと作業の教育所は「幼稚園」へと改名され、世界で初めての幼稚園が誕生しました。

フレーベルの教育思想とは?

フレーベルは、子供は絶えず何かを生み出し創造する神聖なものとみて、大人がその創造の手助けをすることが大切だと考えました。子供は個性に従って自然に発達・成長させるべきとし、発達に必要なのは『遊び』であるという考えにたどり着いています。

人が理想的な成長をするにはこの幼児期における遊びが必要不可欠なものであるならば、当然、教育に携わる教師、親はその重要性を理解し、環境を整える必要があります。このような背景から、世界中に遊び場や遊具が揃った幼稚園が建てられるようになりました。

フレーベル教育の賜物とは

フレーベルは2年間の研究の結果、子供たちが自発的に遊び、学びを助けるための教育遊具として、20種類の「恩物」を作り出しました。シンプルな色と形の構成の中に、計算しつくされた学びの設計。子どもたちが実際に、握ったり、転がしたり、積み上げたりして、楽しみながら学んでいける教具です。

この「恩物」と名付けられた遊具のうち10種類は色のついた数学の幾何学的につながる形の玩具で、のちに「積み木」として多くの幼稚園や教育の場で使われることになります。残りの10種類は、手を使った工作方法で、「紙を折る」「砂遊び」「粘土遊び」「描く」などといったものがありました。

恩物についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

フレーベル教育の恩物とは?種類や遊び方、教具との違いについて解説

1 2 3