【インド式教育】世界レベルの数学・IT脳・英語を早期習得する方法 ( 3 )

東京都のインド式インターナショナルスクール

では、実際に東京でインド式の教育を受けられる学校はどこにあるのでしょうか?所在地やカリキュラム、学費についてご説明していきます。

グローバル・インディアン・インターナショナルスクール


■学年はナーサリー、キンダーガーデン、プライマリー、ミドル、セカンダリーと上がり、初等中等教育は10年生まであります。
■カリキュラムは幼稚園はモンテッソーリ式、それ以降はインド式(CBSE)で組まれています。
■住所:東京都江戸川区西葛西8-3-13
■学費は幼稚園は月におよそ6,0000円から6,5000円、小学生になると月に約7万から8,5000円ほどになります。

東京には東葛西にも新しく第2キャンパスも設立しました。

住所:東京都江戸川区東葛西9-3-6

インドインターナショナルスクール


■学年はキンダーガーデン(幼稚園)、エレメンタリー、ミドル、セカンダリー、シニアセカンダリーと上がっていき、初等中等教育は12年生まであります。
■カリキュラムは幼稚園(モンテッソーリ式)、エレメンタリー(インド式CCE)、セカンダリー(インド式CBSE)、IBDP(設置予定)と年齢に合わせ適切に組まれています。
■学費は年間60万円です。
■住所:東京都江東区新大橋2-16-6

まとめ:世界に通用するインド式教育

インド式教育のまとめ

  • 算数・数学を早期習得できる
  • 高度なITスキルを自然に体得できる
  • 世界基準の英語に触れられる
  • 幼少時から多様性に慣れられる
  • ヨガの授業がある
  • スピーチ・プレゼンに慣れられる

インド式教育は国際的な人材を育成するための学習が多く組まれており魅力的ではありますが、上記にある学校はあくまでもインド出身の子供が帰国後もスムーズに教育を受けられることを考えて創られた学校です。
グローバル人材育成のためにシステム化されてきた教育ではないので、子供の入学を考える前にはそのことを考慮することをおすすめします。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。